2005年09月30日

戦国 出世の方程式 藤堂高虎

急に更新頻度が高くなりました。
ハイ、暇やからです。

今、NHKの「その時、歴史は動いた」で
藤堂高虎特集を観てます。

藤堂高虎は拙者の地元の藩主(?)やから、
見ないわけにはいきません。

やっぱ、彼は凄いです!

戦国マニア以外の人は、誰やそれ?って感じやろうけど、
「信長の野望」とかでは、結構強いんですよ!

地元では高虎太鼓とか高虎音頭がある位のカリスマです。

ってか、藤堂高虎って名前がかっこいいわ。


また、そろそろ髪の毛を切りに行きたくなって来ました。
宮崎あおいか菅野美穂が通っている、美容院に行きたいです(笑)。

代官山とか青山の美容院をしらみつぶしに調べたら、みつかるかな!?
ってか、それやと、もはや変態の域やな。
そんなことしたら、彼女に怒られます。空想上のね(笑)。

でも、季節は恋愛の秋ってことで、そろそろ出来るでしょー♪
(↑根拠ゼロ)

それでは。


posted by 一等賞 at 00:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

西日本の中心(辺り)で阪神が優勝する

本日2度目の更新です。

今日はTBSで「世界の中心で、愛を叫ぶ」が
放映されてます。
勿論、観てません。
純愛ブームには乗りたくありませんから。
別に、あんな恋愛をしてみたいとも思いません。
でも、彼女は欲しいですよ♪
もっと、フツーの恋愛でいいです。

そんなわけで、拙者は阪神巨人戦を観てました。
そして、阪神が優勝してしまいました。
ハァ〜。
まぁ、拙者はアンチ阪神である前に、
アンチ中日やから、中日が優勝するよりはマシなんやけど。
それでも、やっぱライバルチームの優勝は悔しいです。

でも、客観的にみると、今年の阪神は優勝するのに、
相応しいチームだったと思います。

今日のゲームも今年の阪神の縮図のような試合でした。
一言で言ってしまえば、「先行逃げ切り」。

序盤、中盤にリードして、
終盤はJ.ウイリアムス、藤川、久保田の、
通称、「JFK」で逃げ切る。
まさに、「勝利の方程式」ですね。
まぁ、「JFK」ってのはどーかと思いますけどね。
「ジョン・F・ケネディ」に失礼ですよ(笑)。

まぁ、日本シリーズはパ・リーグの覇者を応援します。

そして、巨人には、この目の前で優勝を決められた
悔しさをバネに来年こそ優勝して欲しいです。

02年に原巨人が甲子園で優勝を決めた翌年に、
阪神が優勝したみたいに。

一刻も早い「球界の盟主」の復活を祈ります。
このままやと、
「球界の迷主」
または、
「休会の盟主」
ですよ。

それでは。

あーあ、今頃、親父は六甲おろしを
アホみたいに歌ってるんでしょうね。
posted by 一等賞 at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトX〜九州旅行〜

またまた、寝坊しました。
今週早くも、3回目です。
猛打賞ですね。
しかも、今日はホームラン級の寝坊でした。

その甲斐あって、1限目の今期最もとりたい授業に
間に合わず、しかも、履修制限がある科目やったから、
履修することが出来なくなりました。

そのお陰で、かなりピンチです。
どんくらいピンチかと言うと…


サッカーで例えるなら、
交代枠を使い切った状況での、GK退場、



野球で例えるなら、
無死満塁、



勉強で言うと、
試験中にシャーペンの芯が詰まって、書けない。



まぁ、そんな感じのピンチです。
少し、大袈裟に言ってみました。

実際は、申請上限単位である、
20単位を申請出来ない恐れがあるっていう程度のことです。

えっ!?、意外とピンチなんですか??

まぁ、何とかなるでしょー。

案の定、英語は履修出来そうにありません。

NOVAに行って、駅前留学でもしよかなぁ。
もし、そうなったら念願のダブルスクールですね。

…実は、今授業中です(笑)。
何か凄いエグそうな授業やし。
でも、これとらんと、ホンマに18単位しか
申請出来やんしなぁ。

あっ、あと只今、九州旅行を計画中やから、
九州のお勧めスポットを知っとる人がいたら、
是非教えて下さい♪
出来れば、11月か冬休みに行きたいなぁ。

でも、その前に、
恵まれない私にお金を下さい(笑)。


それでは、真面目な拙者は
授業を真面目に聴きたいので、今回はこのへんで。




 
posted by 一等賞 at 13:30| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

愛車故障

愛車のフェラーリがパンクしました。
最新モデルのフェラーリです。
超小型です。
二輪走行なので歩道を走ることだって出来ます。
風を颯爽と感じることも出来ます。
オートマでもミッションでもなく、
チェーンで動きます。
基本的に一人乗りですが、二人乗りも可能です。
頑張れば3人まで乗れます。

昔、挑戦したら大変なことになったけど。

まぁ、そんな訳で明日は歩いて学校に行きます。
バスケットボールでドリブルしながら行こうかな。
NIKEのCMみたいに。

ってかまた、遅刻する可能性大じゃないですか。
今のトコ、毎日遅刻しとるような…。
愛車のフェラーリでも遅刻するのは何故でしょう?

只今、バイトの先輩のスノボーチームに入ろうと、
密かに考えています。

…バイト??………!!!

…今、衝撃の事実が判明しました。
明日の寝坊は許されないです…。
詳しくは明日お伝えします。
今は企業秘密です。

そんなわけで今日は早く寝るので、このへんで。

あぁ、今日は書きたいこといっぱいあったのにぃ〜。

posted by 一等賞 at 23:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

学校はじめました

今、ドイツ語の宿題をやってます。
嘘です。
正確に言うと、頭ではやっとるつもりなんやけど、
体がついていきません。
歳ですね。

しかし、あの膨大な夏休みがあったのに、
拙者は何をしてたんでしょうか?
一日10分やるだけでも、
10時間も勉強出来たじゃないすか!
やっぱり、
甲子園には魔物がいます。

まだ、半分以上残ってるんすけど…。
しかも、明日はテストもあんのにぃ。
こんなことやらんと、早く夏休みの遺影を処理せねば。

まぁ、明日のテストは自分の前世がドイツ人であることを祈るのみですね。
出来れば、かっこいい名前がいいなぁ。
「ラルフ」とか。
皆さん、明日は拙者を見かけたら、
「ぐーてんもるげん らるふ」
って声をかけてください。日本語で声かけても通じないんで。

それでは、みなさんいい夢をみてください。
拙者は夢見心地で、勉強するんで。
あー、なんか高校のときを思い出すわぁー。
posted by 一等賞 at 23:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

自己破産寸前

お金がありません。
デートするお金もありません。
早く給料日にならんかなぁ。
今もし、タイムマシンがあったら、
未来に行って、今月分の給料をおろしにいきますね。

あぁ、明日から学校やぁ。
昨日は少し真面目にやろう的なことを言ったけど、
早くも厳しいです。

恐らく、
ブログの更新頻度の低下=単位取得数の低下
になるでしょー。

ってことで、みなさんどんどんコメントとか
トラックバックしちゃってください。
でも、エロいトラックバックはお断りです。

田尾監督が解任されちゃいました。
正直、1年目で解任するのはどうかと思います。
楽天が弱いのは、なんだかんだ言って
やはり戦力が整ってないからやと思います。
せめて、もう1年、田尾監督でいってもいいんじゃないすかぁ!?
三木谷さん!!

朝青龍が6連覇を達成しました。
拙者もそろそろ高砂部屋に入門しよかな♪

それはそうと、万博終わっちゃいました。
結局、行けませんでした。
最悪です。
一生、死ぬまで愚痴ります。
そんな拙者を嘲笑うかのように(?)
「万博皆勤」した主婦がいるそうですね。
はっきり言って、藤野真紀子さん(漢字自信なし)
より「カリスマ主婦」やと拙者は思います。

今日はそんな感じです。

明日はF1ブラジルGPについて書く予定ですのでお楽しみに!

尚、内容は作者の独断と偏見により変更になる場合がございますので、
ご了承ください。


posted by 一等賞 at 23:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

週末に想う

さっき、「金田一少年の事件簿」を観ました。

んで、上野樹里と拙者の生年月日が全く一緒やということを知りました。

それにしても、やっぱり「金田一少年の事件簿」は
堂本剛&ともさかりえのコンビが一番よかったなぁ。
また、観たいなぁ。再放送せーへんかな??

あー、今日は観たい深夜番組目白押しで寝れやんしー。
新聞に、「CDTV ミスチル新アルバム」ってあるけど、
どれくらい特集してくれるんでしょうかねぇ?
まぁ、どうせ一瞬しかやらないでしょうね。
でも、それでも観ちゃうんでしょうね。
そんなもんです。

ところで、前から気になってたんやけど、
「目白押し」ってなんすか!?
「目白」を「押す」って!!
意味分からんへんしー。
誰か教えて〜。

そうそう、Jリーグ注目の首位決戦は引き分けという、
中途半端な結果に終わりました。
まぁ、土壇場でアレックスミネイロのゴールで
鹿島が追いついた形やったみたいなんで、
負けなくてよかったです。
頑張れ、鹿島!



話は変わりますが、

今日、自分はつくづく幸せ者だと思いました。
何があったかは敢えて言いませんが、
そんなことを思い知らされるような事がありました。
で、その幸せを無駄にしちゃあかんなぁ、と思いました。
そして、そんな当たり前の事に気づいた今日はとても有意義だなぁ、
とも思いました。

明後日から学校が始まります。
少しはその幸せを有効活用出来るようにしたいな。

それでは。
posted by 一等賞 at 23:31| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

ネタ切れです。

加藤:「伊藤!」

伊藤:「よう加藤!」

加藤:「お前もこんな店来るんやなぁ。」

伊藤:「当たり前やん!オレだって男やぞ。」

加藤:「ってかお前こんな昼間っから来るなよ。」

伊藤:「お前に言われたくないわ。お前ほぼ毎週来とるらしいやん。
    よくそんなに金あるなぁ。」

加藤:「まぁな。」

伊藤:「ところで、お前ってSなん?Mなん?」

加藤:「うーん、オレはMかな。お前は?」

伊藤:「オレはどっちでもイケルけど、どっちかって言うとMかな。」

加藤:「えっまじで!?お前Mなん?Sっぽくない?」

伊藤:「ああ、それよく言われるわぁ。そんなにSっぽい?」

加藤:「うん。Sっぽい。なんか器が小さく見える。」

伊藤:「は!?何それ?失礼やなぁ。Sでも器が小さいとは限らんで。」

加藤:「いやぁ、やっぱSよりはMのが女の子は喜ぶと思うで。」

伊藤:「そうかなぁ。Sの方が喜ぶ女の子もおると思うで。」

加藤:「包容力がある子とか?」

伊藤:「そうそう(笑)。」

加藤:「ところで、今日はお前一人で来たん?」

伊藤:「餅の論。オレはこういうトコは一人でくるから。お前は?」

加藤:「オレは佐藤と。あっ、噂をすれば戻ってきたな。」

伊藤:「おう佐藤!久しぶり!」

佐藤:「久しぶり!」

伊藤:「そういやさぁ、お前ってやっぱM?それとも…。」

佐藤:「あぁ、微妙でよく分からんだから、
    あの可愛い店員に調べてもらった(笑)。」

伊藤:「流石、変態(笑)。で、どっちやったん?」

佐藤:「L」

伊藤:「おぉ、お前意外とデカいんやなぁ。」

佐藤:「まぁね。」

伊藤:「じゃあ、オレはこのジャケット買ってくるから。またな!!」

加藤・佐藤:「おう!またな!」




posted by 一等賞 at 21:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

プロジェクトX来春打ち切り

   出来るだけニュースです。

佐藤琢磨がついに正ドライバーの座を失ってしまいました。
まぁ、「やっぱりか」という気もしやんこともないんですが、
やっぱりショックです。
このことについては、近日中に詳しく語りたいと思います。

予想以上に大ヒットしている『NANA』の続編の制作が決定しました。
公開はかなり先みたいやけど、楽しみです♪
気長に待ちましょう。
また、宮崎あおいのハチが観れると思うと生きる希望が湧いてきます(笑)。

あんまニュースではないんですが、六本木の某居酒屋に
「セクシーチャーハン」なるチャーハンがあるそうです。
写真を見たんですが、ヤバイです。
フツーに未成年の拙者にはついていけやんノリでした。
興味がある(エロい)人はlivedoorのトピックで
見れるんで是非見てください。

それでは。
posted by 一等賞 at 22:18| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | newStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無駄にHPを消費

二日連続で無駄な日を送ってしまいました。
このまま、じーちゃんになって死んでしまうことだけは避けたいです。

それはそうと。
みんなは、今日から秋学期が始まった、みたいなことを
言ってますが、僕はあくまで秋学期は来週からだと言い張ります。
だから、今日のガイダンスは全く聴かずに、
PCのオセロをやりながら、ずっとMDを聴いてました。
聴いてなかったのには、ちゃんと理由があるのです。
来週からは真面目に先生方のお話を清聴したいと思っております。

ってか、何でうちの学校は前期・後期と言わずに、
春学期・秋学期と言うんでしょうか?
夏と冬は授業がないんですか?
そんなひねりは要らんですよ。

まぁ、そんなことをグチグチ言っててもしょうがないから、
早く宿題をやっつけたいと思います。
そろそろ、

「メテオ」

を発動しよかな〜♪
あっ、でも
僕は魔法使いじゃないからMPがないわ。

魔法使いで思い出したけど、
今日、某友人というか某魔法使いが
B社への入社が内定というか、ほぼ確実になりました。
おめでとうございます。
ノンキャリですが頑張ってください。

posted by 一等賞 at 22:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

Rockin' on Mr.Children

 『シフクノオト』がリリースされた時、この作品は今までの最高傑作であり、これから先もずっとミスチルの最高傑作であり続ける、と僕は思った。まぁ、ぶっちゃけ新しいアルバムがリリースされる度に、いつもそういう風に思ってはいるけど。でも、『シフクノオト』の時は、その気持ちがいつもより強かった。あれから、一年半…。

 のっけからやられた。「Worlds end」を聴くだけで、今までの作品とは一線を画していることは一目、いや一耳で分かる。なんなんだ、この感じは。上手く言葉で表現出来ないが、凄い「熱」を帯びているような感じがする。
 Mr.Childrenというバンドは、とても綿密かつ完成度の高い曲をプロダクトするというイメージが僕にはある。特に『IT'S A WONDERFUL WORLD』ではその傾向が顕著だし、『シフクノオト』もその延長線上あると考えている。
 だが、この作品には表面上、そのような印象を全く受けない。一言でいってしまえば、この作品を支配するのは“カオス”だ。作者のメッセージが明確に読み取れない。しかし、この解放感と絶頂感はなんだろう。
 
 人はいつ、生きているという実感を得るのだろうか。“シフクノトキ”にそれを感じるのだろうか。僕は違うと思う。幸せなときほどリアル感がないときはない。何だか浮ついたような感じになって、奇妙な不安感に襲われる。
 僕は、苦痛を感じるときこそ、生きているという実感を感じられると考えている。例えば、熱があるときなんかに、僕はそれを感じる。「潜水」はそのこと再確認させてくれる。
 そして、この作品は今までのどの作品よりも「生きている」気がする。

 桜井が言っているように、もはやMr.Childrenはポップなものしか作れない。Mr.Childrenとポップは運命共同体なんだと思う。「Monster」という曲ですら、ハードロックとポップが共存している。ミスチルの世界の中でポップとロックが相反するものという陳腐な定義は当てはまらない。彼らの世界の中で、その二つは常に共存している。

 僕は音楽理論的なものは全く分からないが、ミスチルが今もリスナーの「慣れ」というものから無縁でいられるのは、常に新しいタイプ(アレンジとかサウンドとか言う意味ではない)の曲を生み出すからだと思う。例えば「and I love you」なんかがそうだ。

 今回、彼らは「愛」という不確かなものを一つのマークに託した。そして、「you」ではなく、「U」(=Univers)と表現した。僕はその意味を必死に探ろうとする。「隔たり」におけるコンドームがほのめかす、日本が抱える問題。色んなものが絡みあって、この作品は成り立っている。世の中だって同じだ。

   ―僕らはきっと試されている どれくらいの強さで
    明日を信じていけるのかを… 多分 そうだよ―  
   「Worlds end」

 その瞬間に、もう「未来」は動き出している。

 でも、
 
 僕は“恋するだけの阿呆”でもいいと思っている。

 
 『シフクノオト』と今回の作品のどちらが最高傑作なのかは分からない。
 今分かるのは、どちらも僕らを抱擁してくれるということだ。
 でも、両者には決定的な違いがある。
 『シフクノオト』は優しく抱きしめてくれた。

 でも、この作品は違う。
 胸が痛くなるくらいに、ぎゅっと抱きしめるのだ。
 あまりに痛くて泣きそうになる。

 『T黒ハートU』はそんな作品だと僕は今思っている。


 参考文献:「ROCKIN' ON JAPAN」
      「WHAT's IN?」

   何故かレポート風(笑)。
posted by 一等賞 at 23:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik Bahnhof | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

newStationもどき

ふ〜、やっと4連勤が終わりました。
大体、30時間位働きました。
流石にきつかったです。

でも、今日は雨の影響もあって、かなり楽でした。
しかも、珍しく今日は褒められました。
「筋がいいなぁ。」って(笑)。嬉しかったです。
それと、今日は仕事が終わってからが面白かった♪

そして、明日は遂に極秘プロジェクトを実行する予定です!
詳細は近日公開するので、お楽しみに♪

まぁ、そんなわけで、

   
   出来るだけニュースです。


Do As Infinityが解散することを今日初めて知りました。

東京事変に新メンバーが加入したらしいです。

佐藤琢磨が大ピンチです。

桑田投手が登録抹消されてしまいました。
今季は未勝利で終わりそうです。
来季は一体どうなるんでしょうか?
一ファンとしてかなり心配です。

阪神は中日に連敗してマジックは8のままでした。

エミー賞は予想通り「ロスト」が
連続ドラマ部門の最優秀賞に輝きました。
一度観てみたいですね。

それでは、今日はこのへんで。
さようなら。
posted by 一等賞 at 23:08| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | newStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作時間10分のブログ

最近、徐々に更新頻度が遅くなりつつあります。
そのうち、weeklyまたはmonthly
ひょっとすると、yearly
ブログのなるかもしれないので、皆さんご注意を!
でも、最近アクセス数もかなり増えてきたから
頑張って更新せねば!


今日はホンマは友達の高校の文化祭に行く予定やったのに
今からバイトが入ってるから行けやんくなって、
かなりテンション低いです。
何たって、
学校巡りは拙者のライフワークの一つですからね。
まぁ、今日で地獄の4連勤も終わるから頑張ろう!

それに今日は何たって、Mr.Childrenの新譜を買い行くという
今年最大のイベントがあるから、
ここで倒れるわけにはいかない!!(意味不明)

そんなわけで、明日のブログはミスチルのニューアルバムに
ついて延々と語る予定やから、皆さん覚悟しといて下さい♪

そんな感じで今日はオシマイ!

最近、newStationを全くやってないやないか!
という苦情を受けましたので、近々復活させたいと思います。
気が向けばやけど…。

ではアディダス!(笑えない)
posted by 一等賞 at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

病は気から

 こんにちはー。

皆さんの励ましによって、だいぶ元気になりました。
まぁ、励ましのメールは一通しかこやんだけど(泣)。
しかも、携帯。愛を感じました(笑)。
でも、みんなもテレパシーは送ってくれたと信じてます。
↑妄想

フツーに昨日はロフトの上から飛び降りてやろう
かと思いましたよ(笑)。

もう「and I love you」のサビの部分を
ちゃんとファルセットで歌えます。
勿論、ちゃんと外します。

でも、困ったことが一つ。
昨日の精神状態が体に影響したのか
今、物凄く頭が痛いです。
しかも熱っぽい。

今日は夕方からバイトがあんのに…。
バファリンを投与した方がいいかな。

ってかパソコンをいじってたら
悪化しそうやから、このへんで。

二回連続しょーもない話ですいまそん。

それでは、
タケシーユー。(←地元ネタ)





posted by 一等賞 at 13:30| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

ピーターパンシンドローム!?

初めに。
今日のブログは全く面白くないです。
まぁ、いつもそんなに面白くないか。


えー、只今、非常に精神状態が悪いです。
まぁ、根が楽観的な性格やから、寝て、
明日になったら元気になってるかもしれんけど…。
でも、かなり重症っぽいです。
「魔女の宅急便」を観るのすら苦痛です。

理由はめんどくさいので言わんけど。
ってか、それを言わんだら書く意味がないような…。
まぁ、いっか。

ちなみに、万博旅行は中止になりました。
取り合えず、お金がセーブ出来るのが嬉しいけど…。
念のために言っとくと、
旅行中止と謎の鬱病(←大袈裟)とは全く関係ないです。
ちなみに、この万博話についてこれるのは
全世界で4人しかいません。

余りにテンションが低いため
「エゴ」
  と
「エコ」
を取り違えました。

しかも、こんな日に限って、近所がうるさい…。

もう、子供じゃないのでなるべく治したいです。

Mr.Childrenの新譜が早く聴きたいっす。
そしたら、すぐ治りそうやし。
ちなみに、今週の「saku saku」
で新曲「Worlds end」が聴けます♪
ってか、それじゃあ他力本願ですね。

あーあ…。

今日はこのテンションで終わります。


励ましの手紙待ってます(笑)。

特にジモティー!

それではまた。



posted by 一等賞 at 22:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

振り返れば夏がいない

こんばんみー。
今でも「夏休みの友」とは友達にはなれません。
そんな心の狭い僕やけど、今後もよろしくお願いします。


ソフトエロネタのおかげかどうかは分からへんけど、
昨日のアクセス数が過去最高でした。
まぁ、そんなことはどうでもいいけど。

世界陸上の織田裕二は嫌いやけど、
「振り返れば奴がいる」の織田裕二は好きです。
これもどうでもいいことですね。

遂にMr.Childrenの新譜が来週出ます。
これもどうでも…
よくない!
死活問題です。
生きるか死ぬかの問題です。

まだ、ドイツ語の宿題が放置されたままです。
これはどうでもいいことなんでしょうか。
僕には分かりません。
誰か教えて下さい。

何か、だいたひかるっぽくなってしまいましたね。
ちなみに、僕はだいたひかると誕生日が一緒です。

気分は乗ってこやんので歌は歌いません。


さてさて(やっと本題)、夏というか夏休みも残りわずか!
秋をこよなく愛する僕にとっては嬉しいことなんやけど、
また学校が始まると思うと…。
夏休みじゃなくて秋休みがあったら最高やのに。
でも、夏に長い休みがなかったら僕は今頃、

天国にいる率70%
地獄にいる率15%
地上にいる率10%
牢獄にいる率10%

でしょう。

まぁ、そんなわけで残る休みを効率よく過ごすために、
やらなあかんこと(またはやりたいこと)を箇条書きしときます。
そんなすることないけど。

@万博に行く
A宿題をする
B掃除をする
C庭球をする
D彼女を探す

取り合えず、こんな感じですかね。
ホンマは地元人が数名来る予定やったんやけど、
諸事情により、来やんくなりました。
正直、金欠やから助かりました(笑)。

でも、金欠のため@が達成出来るかはかなり怪しいです。
チケットがあるから行きたいというか、行かなあかんのやけど…。
頑張って、達成したい!

Aは何とかなるでしょう。(夏休み末期の決まり文句)

Bの掃除ってのは我が家の掃除のことです。
今現在、人を呼べる状態じゃないです。
相当荒れてます。これは今週中にはやろうと考えております。

Cですが…夏休み殆どテニスをやった記憶がありません。
野球とバスケなら、かなりやったんやけど(苦笑)。
かなり下手ッピになっとる気がするから、
1回はやっときたいなぁ。
下手ッピな僕にお付き合いしてくれる人募集中♪

Dは最も達成したいことやけど、
最も達成出来やん可能性が高いですね。
ハッハッハー。
夏休みが始まる前の目標は「彼女を作る」やったんですが、
もはや110%無理やから
「彼女を探す」にハードルを下げてみたものの、
これも100%無理っぽいなぁ。
アーア。
しかも、某友人に先を越されそうな予感…。
ってか、
「彼女を探す」ってなんか逃げられた彼女を探してまーす、
みたいな感じがするけど、皆さんお間違えのないように。
逃げられたことはありません!!
ちなみに、宮崎あおいのような彼女を募集中♪(笑)

そんなわけで残る夏を満喫したいと思う。

ってか今年の夏は全然遊んでないような…。
かなり、
みだら、いや、ふしだら、間違えた、ふきそく
な生活しとるし…。
残る休みで挽回せねば!!

それでは。







posted by 一等賞 at 18:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

下から作戦 ver6.9

 某友人の下ネタがあまりに面白かったから、みんなに紹介!
 勘違いしないで欲しい。
 「下ネタ」が好きなんじゃなくて「ネタ」が好きなだけやから。
 
 こんな場面に遭遇したらあなたはどうしますか?

 
(女の子とファストフード店に行った時)
 
 店員:「ご注文はこちらの萌ちゃんですね。
     こちらでお召し上がりでしょうか?
     お持ち帰りでしょうか?」

 更にひねってみた。

 (さっきのパターンが風俗店の場合)

 妖しげな店員:「ご注文は13のくるみちゃんですね。」
 冴えない客:「はい。」
 妖しげな店員:「こちらでお召し上がりでしょうか?
         お持ち帰りでしょうか?
 冴えない客:「お持ち帰りで。」
 妖しげな店員:「サイドメニューはいかがなさいますか?」
 
 …これ以上書くと拙者の高感度…間違えた、
 好感度が下がってしまうから
 後はみなさんの想像にお任せします。
 
 もう一回言うけど、
 「下」が好きなんじゃなくて「ネタ」が好きなだけやから。
 くれぐれもお間違えのないように。
 
 ちなみに拙者はお持ち帰りを選びますね。

 それでは。
         
 
 
     
posted by 一等賞 at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

NANA

 ど〜も。
 実際に映画館で観てきました!
 映画館で邦画を観るんはかんなり久しぶり。
 で、今回紹介するのは、社会現象にもなっているNANA! 
 ちなみに、今回のレビューはかなり気合入ってます♪


 『NANA』
 出演:中島美嘉 宮崎あおい 松田龍平他
 値段:7000円



 タイトルにちなんで、こんな値段にしてみました。
 文句なしの出来です。
 漫画が原作やから、賛否両論、
 好き嫌いがはっきり分かれる映画やと思うけど
 僕としてはかなりよかったです。
 ちなみに、漫画の方は大体の流れを知ってるぐらいです。
 あんまり原作に感情移入してないのが、
 よかったのかもしれませんね。
 だから、このレビューは熱狂的なファンの感想とは
 違うと思うから、そこらへんは夜露死苦!

 まず、僕がいっちゃん気に入ったのはキャスティングかなぁ。
 特に、中島美嘉、松田龍平の二人はハマリ役でした。
 松田龍平って味があってかっこいいいよなぁ〜。

 肝心の中身やけど、この映画の凄さは中身にあります。
 …うーん、違うな。
 この映画には、中身がない。
 この映画には、映画に(特にハリウッド映画に)ありがちな
 「愛が一番」とか「争いは駄目だ」とか「正義は勝つ」みたいな
 ステレオタイプ的な主張が全くない。
 
 この映画を支配しているのは、リアルやと僕は思う。
 勿論、原作は漫画やし、フィクションの域は出ないが、
 この映画は人々の日常に侵食してくるような感覚や焦燥感を覚える。
 武器を持たない兵士みたく、入り込んでくる。
 言わば、何もない傑作だ。
 久しぶりに何回でも観たいと思える映画を観た気がする。

 この映画を観て、NANAが若い世代に受ける理由が何となく分かった。
 NANAのよさは「何となくさ」にある。
 
 
 うーん、今回はおすぎ、いや
 水野晴郎

 並のレビューが書けた!(嘘)
 まぁ、そんな感じで、これを読んで観たくなった人は一緒に観に行きましょう!
 
 全然関係ないことやけど、映画館の隣の席の女の子2人が
 パンチ効いてて(←いい意味で)最高でした♪

 ではでは。
 
 あっ、
 NANAの一番よかったとこはキャスティングやストーリーじゃなくて
 宮崎あおいがめちゃめちゃ可愛いことやった!!!
 
 
posted by 一等賞 at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

F1ベルギーGP決勝

 今回はバイトで疲弊&テレビ放送が深夜のため観る元気がない
 という、個人的な理由のため、さっくりと結果をお伝えします。

 優勝は燃えるアイスマン、ライコネンで、
 2位はスペインの英雄、アロンソでした。
 ライコネンが意地を見せ、アロンソの王座決定は
 お預けになったみたいです。

 琢磨はミハエルとクラッシュのためリタイア…。
 マジで最悪です。流石に今季の成績はかなりヤバイです。
 残るレースは少ないけど、全力で頑張って欲しい!!
 去年のような走りをみせてくれ!!
 琢磨がおらんなったら、観る気なくなるし…。
 
 まぁ、よかったことを言えば、
 バトンが猛追して3位やったことかなぁ。

 そんな感じかな。

 次回は2週間後のブラジ〜ルグランプリ!
 オブリガード、オブリガード(唯一知っとるポルトガル語)
 
 それでは。
 
 
 
 
 
posted by 一等賞 at 23:25| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

東京小旅行―エピソード2―

 大好評(?)のエピソード1の続きです。
 時はエピソード1の翌日。

 その日、拙者は7時に起きました。
 何でかって言うと、宿泊先の友人が万博に行くから。
 つまり、追い出された訳です(笑)。

 で、そのまますぐ家に帰るのも、もったいないから
 一人で東京見物でもしよう!
 でも、田舎者に23区内はまだ早いし、
 しかも帰りが面倒やしなぁ。
 だから、八王子方面でも行くかってことで、
 お馴染(?)の南大沢に行きました。
 ちなみに、南大沢は東京の中で、拙者が最も好きな駅です。
 まぁ、そんなに色んな駅を開拓したわけじゃないけど。

 そんな訳で、南大沢に行ったんはいいけど、
 早く着きすぎたため、
 全然まだ店とかが開いてないというハプニングに見舞われました。

 取りあえず、都立大(改め首都大)に避難したんやけど、
 まだ朝で人が少ないから、かなり不審者っぽくて
 居たたまれなくなって、すぐに逃げました。
 
 そして、時間を潰すために、何年かぶりに朝マックしました。
 が、それでも店が開き始めるのには1時間以上あるやん。
 DOしよ〜。
 途方に暮れていたところ、拙者の眼に天使の看板が見えました。
 「TOHOシネマ」 
 拙者は一目散にその看板がある建物に駆け込みました。
 
 そして、映画を観ました。久しぶりに邦画を映画館でみました。
 かなりよかったです。近々、レビューするんでお楽しみに♪

 で、映画が終わった時には、既に昼になってたから、
 都立大の食堂でラーメンを食べました。
 おいしかった〜♪
 
 その後、しばらく都立大を散策しました。

 で、そろそろショッピングでもしよかなぁ、と
 モール内に入ったとき、衝撃の事実が判明しました。
 
 お金がない!!

 財布の中には野口英世が一枚
 しまったぁ、これじゃあ何も買えやんし。
 しかも、今、金欠やからお金おろすとまずいしなぁ。
 
 そして泣く泣く、
 今日はウインドウショッピングだけにすることにしました。
 あぁ…。

 でも、そのおかげで
 南大沢駅周辺と都立大は完全にマスターしました。
 南大沢&都立大に行きたい人は拙者に言ってください。
 いつでもナビゲートしますよん♪

 そんな感じで東京小旅行は終わりました。
 とても楽しかったです。
 
 家に帰った後は、死んだように眠りました。
 めでたしめでたし。

 ところで、東京or神奈川にKANGOLのお店が
 あるところを知っとる人がいたら教えてください。
 噂によると原宿にあるらしんやけどホンマかな??
 
 それでは。


 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 一等賞 at 21:29| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。