2005年10月30日

yesterday once more.

さっき、Google「一等賞」って調べてみたら、
何とこのブログが2番目にヒットして、
セイント焦った一等賞です。

もう、これからはこのブログは有名人ブログと言っても
過言ではないでしょー(笑)。

んで、今日は昨日の超私的日記を書きます。

「あー、個人的なことかよ!読む気せんわー。」って思ったそこの貴方!
このブログを読まんと、明日からの学校や会社の話題に
完全に乗り遅れるでー!
ってことで、読んでください。お願いです(土下座)

唐突やけど、昨日は人生最大の失態を犯してしもたんよ。
文字通り、「人の一生の間で、最も大きく、態を失う」
ようなことをしてしもたんよ。

どんな失態かと言うと、これからの大学生活を送る意義を
完全に失うような失態です。

あの瞬間、拙者はホンマに大学の事務室にTELしようかと思いました。

でも結局せんかったんは、拙者が臆病、そうチキンやったからです。

ホンマにどーしようもない人間やな。

死ねばいいのに。

まぁ、実際何があったかは、振り返りたくないから言わへんから、
皆さんのご想像、つまりイマジネーションにお任せします。


で、昨日は行事、すなわちイベントがもう一個あって、
夕方から南町田のグランベリーモールってとこに行きました。

「何で、こんな日に限って忙しいねん!」とかぼやきながら、
南町田に行ったんやけど、めちゃめちゃ面白かったです。
というか癒されました。

ってか南町田が凄いええとこやということを発見しました。

あれで映画館があったら、我が愛しの駅、「南大沢」にも
匹敵するんちゃう?くらいの素晴らしさでした。

まぁ、グランベリーモールをひとしきり(?)廻ると、
丁度ディナーの時間になってたので、グランベリーモール内で、
食べるところを探したんやけど、カフェっぽいのしかなくて
仕方なく相模大野に行きました。
(もしかしたら、見逃しただけかもしれんから、
グランベリーモールのいいお食事処を知っとる人は教えて下さい。)

で、拙者は初めて相模大野で降りたんやけど、
予想以上に大きかったのでビックリしました。

そう言えば、
ビックリマンチョコが懐かしいな〜。
と、ショーもない事を考えながら、駅前の「甘太郎」で
ディナーすることになりました。

拙者はそこで、初めて「サシ飲み」というものを体験しました。

フツーにオモろかったです。

これからは、「サシ飲ミスト」(サシ飲みする人の意)
になろうかな〜(笑)。

で別れたあとは、「空を斬る青バット」さんのための
お土産(と言っても結局は個人的な買い物)を買って、
帰路に着きました。

あっ、そうそうアピるけど、昨日の拙者は激ジェントルマンでした。
恐らく、7割以上が拙者のおごりやったと思います。
(これを激ジェントルマンと感じるかは個人差があると思うけど…。)

そのお陰で、財布はスカスカやけど。まぁ、楽しかったからいっか。

そんなわけで、今日からまたしばらく苦学生に戻ります。

そんな感じで、昨日は地獄と天国を体験した一日でした。

まぁ、それが「生きてるって感じ」なんでしょうか?
桜井さんにでも訊いてみたいですね。

それでは。
posted by 一等賞 at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Hol du die Ladio!

たった今、バイトの飲み会から帰ってきましたー!
我ながら、悪い子やな〜。
でも、女の子をちゃんと見送ってきたのでショーがないですよ。
ってかむしろジェントルマンやし。

んで、
大きな飲み会自体が結構久しぶりやったせいも
あるかもしれんけど、めっさ面白かったな〜♪

まぁ一部の方が悲惨な目に会いましたけど(苦笑)。

で、今回の飲み会では個人的な目標

@自分がサンダリスト(年中サンダルを履いている人のこと)
であることをバイトの方々にも知ってもらう。


A宮崎あおいの素晴らしさをみんなに伝える。

を密かに掲げて、戦場に突撃していきました。



で、結論から言ってどっちも上手くいったかな♪

特に、@はみんな「寒くないの?」突っ込んでくれたので、
大成功を収めました。これからは、堂々と
サンダリストの第一人者を自負していきます。

Aも、まだまだ知名度は高くなかったけど、
一人の人が凄い同意してくれたんで、まぁよかったです。
で、やっぱ宮崎あおいって同性に人気があるんやなぁ〜、
ってことを痛感しましたね。

まぁ、この布教活動の手っ取り早い方法は、
宮崎あおいを自分の彼女に

すればいいだけなんで、

これからは、そういう方向で活動していきたいと思います(呆)。

そんな感じで、ホントにかなり面白かったです♪

まぁ、まだまだ新人やからバイトでは猫を被ってるんやけど、
この調子やと、変人やと思われることはそう遠くない未来でしょう(笑)。

ではでは、明日(正確には今日)はかなりアクティブに
動き回らないとあかんので、今宵はこのへんで♪


※11月初旬に大構造改革を行う予定で、
 その為の事前準備で、
 しばらくチョーつまらん記事が続く恐れがあるけど、
 ご了承下さいまし。
posted by 一等賞 at 02:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

ディズニー

案の定、今日は遅刻しました。
ってか、もう5cm正確に言うと、サボりました。

先生ごめんなさい。
でも「遅刻予約システム」を使ってるんで、
きっと先生も理解してくれるでしょう。

最近、ホンマに不真面目です。
今月の拙者はただの不良でした。
何の取り柄もないただの不良でした。

ただの「ヨクナイ」人でした。

11月からは、清く、正しく生きていくことをキリストに誓います。

あくまで、11月からです。

今日は28日なので、もうしばらく不良でいきます。

そんな拙者ですが、皆さんよろしくお願いします。
見捨てないで下さい。

で、全然話は変わるんやけど、
最近やたらと周りがディズニーランドに行ってます。

静かなるディズニームーブメントかと思っていたのですが、
実はこの時期が一番混むらしいです。

何でも、今は「ハロウィン」キャンペーンだそうで。

たまに入場制限とかもあるみたいです。

そんなわけで、拙者も行きたいなぁ〜と思う今日この頃。

拙者は田舎者の割には結構ディズニーに行ってるん(5〜6回かな?)
やけど、最近あんまり行ってないから、
みんなの話を訊いて、急に行きたくなった今日この頃。

しかも、ランドばっか行っててシーには行ってないから、
ホンマに行きたくなった今日この頃。




でも…





でも、金がない!

いや、もう5cm本音を言うなら、

行く人がおらん!!!


男行くのは、ビミョーやしな〜。

かと言って、拙者と行ってくれる、
相当、暇人な、もの好きな、悪趣味な、
という三拍子揃った大和撫子はおらんし…。



いっそ、ネタで一人で行こかなー(笑)。


一人やったら、完全にギャグで通じるから、
意外と、男と行くよりしょっぱくないかも♪

まぁ、最近そんなことばっか考えてたんやけど(←暇)

今日衝撃の事実を知りました。

なんと「ハロウィン」は今月で終わりだそうで。

「ハロウィン」が観たかったから、行こうと思っとったのに〜。


「ハロウィン」がないディズニーなんて、

眼鏡をかけていないタモリと記念撮影する位、
意味ないじゃないすか。


あぁ、それは言い過ぎですね。

まぁそんなわけで、近々ディズニーに行く予定はなくなりましたが、

出来れば、年内には行きたいなぁ〜。


で、また話は若干変わるけど、
オリエンタルランドってホンマに凄いなぁ〜、
っていっつも思う。

あんな完璧なエンターテイメントはないんちゃう??

ってかそれやったら凄いのは、オリエンタルランドじゃなくて
ウォルト・ディズニーか。

彼は拙者が尊敬する人の一人なんやけど、

ディズニーランドに観覧車がない理由を初めて知った時は、
脱帽しました。いや、その時はホンマに「脱帽」しました。

彼ほどのファンタジスタを拙者は知りません。

僕も、あんなファンタジスタにはなれなくても、
少しは人を楽しませれるような人になりたいな〜、
と強く思う今日この頃でした。

ミスチル風に言うと、
夜のファンタジスタじゃなくて、
昼のファンタジスタになりたいです(笑)。

それでは。

posted by 一等賞 at 18:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅刻予約システム

昨日、18時〜22時まで寝てしまうという、
失態を犯してしもて、全然寝れません。

明日(正確には今日)の予報遅刻確率は
日本シリーズの今江の打率並です。

そんな時間に寝るなんてアホやな〜、とみんな思うでしょうが、
あの状況で寝てしまうのは、必然の事なのです。

昨日は、最近少し懐に余裕が出来たので、
「Heavy Off」に服を買いに行ったんやけど、

…間違えました、「Right On」でした。

で、結構有意義な買い物が出来たので、
ウキウキ気分で家に帰ると、何と!!
部屋が…

051028-033326.JPG

こんな風になってたのです…。
何やー!この荒れ具合は!!!

まさか、空き巣に入られたんか?
もしかして、超局地的な大地震が発生したんかな?
間違えて、隣の家に入ったんかな?


僅か1秒余りで、拙者のシナプスが縦横無尽に動き回りました。

そしてその結果、マイシナプスは、
「そりゃ、2週間も部屋を放置プレーしたらこうなるわな。」
という世界が震撼する結論を出しました。


とまぁ、前置きが長くなったけど、
要するに、今の部屋には拙者の居場所が無かったのです。


で、そんな荒廃した部屋で木偶の坊になる趣味はないので、
さっさと広域避難場所であるロフトに避難するわけですよ。


そんで、拙者のロフトなんてのは、布団とコンポしかないので、
拙者が出来ることは、布団に横たわりながら、
音楽を聴くことくらいじゃないですか。


そしたら、意識が朦朧としてくるのは当たり前じゃないすか。



そんなの、10分もあれば夢の中にフォーリンラブするじゃないすか。



で、木曜日とかかなり疲れが溜まってるから爆睡するのは
生理現象じゃないすか。



4時間とか余裕で寝れちゃうわけですよ。



でも、そんなに寝たら、夜寝れるわけないじゃないすか。



だから、まだ起きてるんですよ。



目もギンギンに決まってるじゃないすか。



そやけど、こんな時間まで起きてたら、朝起きれないですよ。



かと言って、徹夜するほど寝てないじゃないすか。



明日(今日)は1限からなんすよ。



起きれるわけないじゃないすか。



起きれなかったら、学校に遅れるのは当たり前じゃないすか。




だから、明日(今日)は遅刻したんです。




だから、明日(今日)の遅刻には交通機関の遅れより、ショーがない遅刻じゃないすか。




ってことで、先生、明日(今日)は多めに見てやってくださいな。

posted by 一等賞 at 04:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ミスチルバトン

某友人、Sコさんからミスチルバトンを書けとの指令を
受けたから仕方ないから書きます(笑)。
はっきり言って、バトンとか全然好きやないんやけど、
無視すると、「air reading×」になってしまうので書きます。
いや、ホンマは最近完全にネタ切れやから助かりました♪

ではでは、メンドイのでさっさと終わらせちゃいましょー(笑)。


   
   <ミスチルバトン>


▼初めて買ったミスチルの曲は?いつ?
 
 『深海』。「名もなき詩」が聴きたかったから。
今思うと、凄いアルバムから入ってしまった(笑)。
いつ買ったかは覚えてないわ〜。んで、それからしばらく買うことは
なくなったんやけど、ベスト盤が出て、「一人ミスチルちゃくら」(?)
が開いて、全アルバム買い占めました♪
シングルも「優しい歌」以降なら全部持ってます。


▼ミスチルの歌で好きなジャンルは?
 
 え〜、ぶっちゃけミスチルってそんな「幅」広くないや〜ん。
アレンジとかずっと一緒やし。…と少々批判っぽくなったけど、
全部好きやで!!!(笑)強いて言うならベスト盤以降かな。

▼一番好きなアルバムは?

 今は(「今は」が重要)、『シフクノオト』。
まぁ、『深海』以降のは全部好きやけど。
意外と(?)『Atomic Heart』は好きじゃない。

▼カラオケで歌いたい曲は?

 歌い“たい”のは「天頂バス」か「Worlds end」。
でも、カラオケはみんなが知らん曲(アルバム曲とか)を歌うのは
禁じ手やと僕は思っとるから、「youthful days」を歌うことが多いかな〜。
あぁ、あと「掌」を最近よく歌います。

▼落ち込む友達に聞かせたい曲は?

 「蘇生」or「跳べ」

▼愛する人に聞かせたい曲は?

 ベタなとこやと、「HERO」とか「and I love you」。
あと、「ロードムービー」も是非☆

▼一番好きな歌のフレーズは?

 良い事があってこその笑顔じゃなくて
 笑顔でいりゃ 良い事あると思えたら
 それが良い事の 序章です
             「PADDLE」

 この世界に潜む 怒りや悲しみに
 あと何度出会うだろう それを許せるかな?
                     「タガタメ」

▼ずばり墓場まで持っていきたいとっておきの一曲は?

 一番好きなのは「Any」
とっておきなら、「1999年、夏、沖縄」か「さよなら2001年」。

▼このバトンを送りたいミスチルファン3人をどうぞ

 はい、残念やけど、周りに誰もおらんよ(笑)。
いや、おることはおるんやけど、ブログしてへんし…。
ってことで、「俺(私)がこのバトンを引き継ぐぜ(わよ)!」
って人募集します(笑)。遠慮なくコメントに書き込んでちょーだい。


ふ〜、意外と時間かかりました。
何か選曲がマニアックになってしまったけど、
チルオタとか思わんといてな〜!!!純粋なファンやから!

分かりやすく例えて、ミスチルが女の子やとすると、
僕はその女の子をピュアに愛しているだけであって、
その女の子のストーカーではないということです。
あっ、全然分かりやすくないな(笑)。

それでは。
posted by 一等賞 at 23:54| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Musik Bahnhof | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

アナログ宣言

     

     うぃ〜〜〜〜〜〜〜〜ん







はい、今日はアラレちゃん風に登場してみたでー。
あー、みんなドン引きや〜ん。
やらんだらよかったし。

皆さん、こんばんは。今日会う人会う人に、
「噛み切った(○髪切った)?」って言われたアブラハムっす。

全く切った覚えはないんやけど…。
もしかして、ハゲてきたん!?ヤバー!
早く、アートネーチャーのダブルスクールしやな!!!

あー、何か滑りっぱなしやし。
こんな感じのツルツル頭だけにはなりたないな〜。

んで、今日の昼、「アレ」とファーキーに行ったら、
(恐らく)ウチの大学生がパソコンしてて、
「アレ」がばっさり「キモ!!!」と一言、一刀両断。

確かに、キモかった。
でも、ウチのキャンパスやと結構ありがちな光景かも、かも池。
ってことは、ウチの大学全体がキモいってこと!?

近い先、「キモ大」とか言われたりして〜(苦笑)。

でもそう言われてみると、ウチのキャンパスは変な人が多い気がする。
まぁ、それが逆に面白いこともあるんやけど…。
やっぱ他の大学とは雰囲気が違うよなぁ〜。

ってことで、拙者決めました。英語言うと、I decide.

これから、学校にパソコンを持ってくのを、極力控えたいと思います。
まぁ、パソコンが必要な授業もあるから、その日はしゃーないけど。

そしたら、授業も恐らくちゃんと聴くやろうし。

ってことで、これからは、アナログ人間に戻りたいと思います♪
明日からの遊びは、「川遊び」「山遊び」です(笑)。
ってか「山遊び」ってなんやねん!?

ってかってか、拙者別にそこまでデジタル人間じゃないやん!(笑)
全然、パソコンの知識ないし…。

よし明日から、学校で小学生みたいに走り回ろ♪
これからの格言は「子供は風の子」でいきます!

あっ、ブログはちゃんと更新するでー!!!

そんなわけで、アナログ宣言でした☆





では、今からゲームキューブします(爆)。
posted by 一等賞 at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

法政完全優勝!

今日は世間では色んなことあったみたいです。

千葉マリンでは、日本シリーズ第2戦が行われ、
昨日に引き続きロッテが阪神をひねりつぶしたみたいです。

京都では、菊花賞が行われ、ディープインパクト
シンボリルドルフ以来の無敗の三冠馬になったみたいです。

神宮では、六大学野球が行われ、
法政大学が完全優勝をしたみたいです。

今季は、下敷領平野貴の2枚看板がハンパなかったですね。
特に、下敷領は6勝も挙げてますからね。
まぁ打線もよかったけど、大事なのは投手力ですからね〜。
やはり、投手力の高いチームがプロアマ問わず、
どこの舞台でも優勝する確率は高いですね。

まぁ、世間ではこのようなことがあったみたいです。

で、何で「みたい」ばっかかと言うと、…
拙者は今日は一日中ずっと
レジカウンターにいたのです!!!
今日はお客さんがハンパなくて、ホンマにずっとレジってました。

余りの忙しさに、ブログのネタを考える暇さえありませんでした。
せやから、今日の記事は
ベッカムの左足並みの低クオリティーです(笑)。

あと、レジ打ちしすぎたお陰で、
何かタイピングが早くなった気がするのは気のせいでしょーか!?(笑)

ちなみに、売り上げは脅威の400万越えでした!
それでも、予算は達成出来てへんのさな〜。
何て上層部は厳しいんやろうか!?
きっと、上層部はドSに間違いない!(←長井風)
ドMの拙者でさえ、流石に耐えかねます(笑)。

もう少しソフトSMにして下さい。

まぁ、セイントエラい(エラいって関東では通じやんのやったっけ?)ので、
そんな感じで今日はおしマイッチングです(笑)。

(明日は待望の「オレンジレンジ論2」について書く予定です。)

あと、今週は遅刻せずに過ごしたいです♪
posted by 一等賞 at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

バロック時代の音楽家達

今夜は普通なら、濃霧コールドでロッテが大勝した日本シリーズ
「踊る大捜査線」または菊花賞について書くのが妥当かもしれませんが、

拙者は敢えて、予告通り…
「バロック時代の音楽家達」について書きます!
めっちゃ義理堅い男やろ??(笑)

ではでは、早速。

 まず初めに、バロック時代とは音楽史では一般的に
1600年頃〜1750年頃のことを言います。

 ちなみに、「バロック」とは「高度に、複雑な、装飾した」
という意味です。

今日の西洋音楽はこの時代を基盤していると言えるでしょう。

 長調と短調の音階は、以前は不況和音とみなさていましたが、
この頃から、徐々に標準化されていきました。
 他には、多領域の声楽と楽器の長い楽節で、
深い共鳴と数学的正確さを見せました。

 また、この時代に初めて、実質的なオペラが登場しました。

この時代に活躍した主な音楽家と言えば、以下の3人が挙がるでしょう。

@A.ヴィヴァルディ(伊)
 代表作:「四季」
     そう、「春」「夏」「秋」「冬」の四つの
     協奏曲からなる「四季」です。
     中学校の音楽の授業で「春」を聴いたことが
     ある人も多いでしょう。

AJ.S.バッハ(独)
 代表作:管弦楽組曲第3番
     これは、5つの楽章からなる作品で、
     特に、第2楽章は「G線上のマリア」の原曲に
     なった楽章なので、知っている人も多いと思います。
     弦楽合奏のみで静かに演奏されるのが特徴的です。
     個人的には、「フーガ」が特徴的な「序曲」の
     第一楽章が好きですかね。

BJ.ヘンデル(独、後に英国へ)
 代表作:オラトリア(メサイア)
     有名な「ハレルヤ・コーラス」はこの作品の一部です。
     オラトリヤはオペラの似ていますが、演技力が求められて
     いない点で、オペラと異なります。
     「メサイア」は救世主の意味で、キリストのことを
     指しています。全体は3部からなっています。
     また、楽器編成は、ソプラノ、アルト、テノール、
     バスの独唱者と合唱、弦楽合奏、オーボエ、トランペット、
     ティンパニです。

   
   らしいです。     
 
 
 いかかでしたでしょうか?今回の記事は。
 もし好評なら「ロマン派の音楽家達」についても書こうかな♪
 ではでは。(餅、「オレンジレンジ論2も書きますYO!) 
     

参考HP:「音楽博物館」http://www.yamaha.co.jp/edu/student/museum/
     「Listen Japan」http://www.listen.co.jp/index.html

  
  
posted by 一等賞 at 23:57| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Musik Bahnhof | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

純情きらり

既に世界の常識になっとるけど、
来年の4月からNHKの朝の連ドラの主演は宮崎あおいです。

で、こんな記事を発見しました♪

やっぱ可愛いわぁ〜♪

まぁ、僕が好きな理由は可愛いだけじゃなくて、
演技が上手いからってのもあるんやけど。

若い女優の中では、1、2を争うくらい上手いと僕は思います。
ちなみに、もう一人は長澤まさみです。

まぁ、あおいさんは芸歴がかなり長いけど。

取り合えず、来年の4月からは「純情きらり」を観やなあかん
義務が発生するから、2年生からは遅刻の心配がなくなるかな♪

まぁ、それまでは遅刻しまくりますけど。

それも、信仰上の理由やから仕方ないです。

ではでは、異常に眠たいのでおやすみなさい♪

宮崎あおい、このブログ読んでないかな〜(笑)。
posted by 一等賞 at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業務連絡

数日前から、何故かやたら咳がでるんやけど〜。

拙者は「咳=結核」の通称、セキイコー・ルケッカクの法則
昔から信じとるから、心配で心配で心配です。

やはり、沖田総司がそうやったみたいに、
天才は結核を患うんやろうか?

まぁ、勘違いはこのへんにして。


報告を二つします。

<一つ目>
前回のアンケートですが、応募総数2万を超えても
(例によって、19994削除削除させてもらいました)、
Bのオレンジレンジ論2とCのバロック時代の音楽家達の
差がつかへんので、…両方やるで〜!!!
「いよ!ふとっぱら!お代官様」というコメントが欲しいです(笑)。


<二つ目>
シーサーブログはアクセス数が読者に分からないので(←不満)、
ここで、今までのアクセス数を発表します♪


「8月」
訪問者数:35人
アクセス数:205
人気記事:@blogを始めたdeショー
      AL'Arc-Live


「9月」
訪問者数:437人
アクセス数:3734
人気記事:@F1イタリアGP決勝
      A初体験―trackback編―



これからも毎月のアクセス数を発表していくので、
皆さん、ガッチョリアクセスしてな〜♪


それでは取り急ぎ失礼します。
posted by 一等賞 at 12:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

夕暮れのセレナーデ

これからは「フォー」じゃなくて「セイ」でいきます。

アンケート調査が非常に大好評&票が割れとるから、
もう少し延長します。現在、応募票数はちょーど、
1万です!!!んで余りに、コメント数が多くなり過ぎたので、
9996のコメントを削除させてもらいました。大変申し訳ない!

今のとこ、Bオレンジレンジ論2Cバロック時代の音楽家達が二大勢力のようです。

まだ投票してへん人は今すぐ応募しましょー♪

では、こっからがメインテーマです。
今日は拙者のアフターについて赤裸々に書きます♪


17:00
学校から帰って、サークルの練習に行こうとしていると、
アストロズがWシリーズ進出の一報を受けて、
一気にテンションが下がってしまい、練習に行けやんくなる。

18:00
しばらく(一時間)ぼーっとしていると、
こういう時こそ、「自炊しろや!」っていう
神のお告げが聞こえたので、ご飯を炊こうとすると、
米がないことに気づく。

19:00
米がない、ショックにしばらく(一時間)うちひしがれていたため、
「自炊不能」になる。
そして、神のお告げに背いたことを償うため、
「自炊ダンス」を踊る。勿論、Aメロ・Bメロ・サビ
の全てのパートを。

20:00
「自炊ダンス」がやっと終わったので、
イトーヨーカドー改め、セヴン&アイ・ホールディングスに行く。

ご飯を食べる前に、本屋に立ち寄る。
NANA13巻を買うか、NUMBERを買うかを、悩む。

21:00
結局、「名探偵コナン」の最新刊(51巻)を買う。


21:05〜(文体変更)

やっと、O戸屋に行く。店を覗くと…
ん?客が一人もおらんやん??
珍しいー。ってか入りづら〜。
でも、可愛い店員がおったから入りました。

で、早速可愛い店員にお願いして、
いっちゃん安いカツ丼を頼む。

それにしても可愛いなぁー。

(※変態やと思わないで下さい。一目惚れするのは、
  信仰上の理由です。)


カツ丼がくる。

未だ、客は拙者だけ。フロア内には拙者と可愛い店員しかいません。

何故か、緊張しながら、カツ丼を食べる。

それにしても可愛いなぁー。

(※変態やと思わないで下さい。一目惚れするのは、
  信仰上の理由です。悟りへの道のためです。)


ふと、視線を店員からカツ丼からにやると、
おかしなことに気づきました。

あれ?カツがないやん!米しかないし。

これは店員が可愛いとはいえ、クレームをせねば!
と思った矢先、口の中の異変に気づきました。


カツの味が凄いするんです。

…分かりました。

拙者は、余りの店員の可愛さに気を取られている間に、
無意識にカツだけをずっと食べていたのです。

皆さんはご存知ないかもしれんけど、
カツ丼というのは上にカツがあって、下に米があるという、
非常に家政学的には興味深い構造しているのです。
だから、拙者のカツ丼には米しかなかったわけです。

こんな失態をあの店員に見られたら恥ずかしいので、
128BPMの早さで、全然おいしくない米だけを
たいらげて、足早に店を出ました。

今度行くときは、カッコイイ食べ方をして、
可愛い店員の好感度を上げたいです。


22:15
ダウンタウンDXが始まる。
オリエンタルラジオのかたわれは慶応大学の4年生らしい。

デンデンデデデン♪
posted by 一等賞 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

memory

友達のブログをみて、

「じゃんぼ」

「はばり」

「どぅー ゆー りめんばー じーず わーづ?」

「いえす おふこーす」


という、中学校の時の英語の教科書を思い出しました。

確か、教科書の名前は「NEW CROWN」

主な登場人物は、

      日本人の加藤健田中久美、アメリカ人のトム・ブラウン
      ケニア人のムカミ、中国人のヤン・メイリン

と非常にインターナショナルな設定でした。

あの時は、実はトムとクミはデキてるんじゃないかと、
密かに拙者は思ってました。

だから、ケンはクミのことが好きだったのに、
仕方なく、メイリン狙いでアプローチしてたと記憶しております。

ムカミが可哀想ー!!!

ってか何て甘酸っぱい教科書でしょう。
流石、中学校の教科書ですね。

あと、気になっていたのが、
教科書の舞台は日本なのに、何故かみんな英語を喋っていることです。

子供心に、

「実はトムは学校の裏番長で、密かにみんなが英語を喋るように
 命令してるんちゃう!?」

とか、
「トムの両親が凄いお金持ちで、親がみんなに大金を渡して、
 みんなに英語を喋ってもらうようにしてるんちゃう!?」


とか推理してました。

あー懐かしいですなぁ〜。

やっぱり中学校の時が、一番面白かった!

特に何かしてたわけじゃないけど、
pricelessな思い出がいっぱいあるな〜。

そんなわけで、感傷に浸ってきので、
今回はこのへんで♪


ちなみに、まだまだアンケート実施中です!
今のトコ、Bのオレンジレンジ論2が人気の模様です♪
posted by 一等賞 at 14:03| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

シモネタパレード

明日からの口癖が「ベッカムのクロス、ジェラードのミドル
よりランパードのスタミナ」
の一等賞です。

今日の昼に更新した記事って意外と凄いんちゃう!?
って今思ってます。

だって、読者が記事の裁量権(←使い方間違っとるかも)を
握っとるんて、セイント斬新やん♪

ってことで、これからちょくちょくアンケートするから、
みんな、がんがんお答えしてちょんまげ!(←古)

そうすると、
ブログタイトルも「みんなのブログ」にした方がいいかな〜。
なんか教育テレビにありそうなタイトルやけど。
略して「みんブロ」。なんちゃって〜。

そんな訳で、今日は数多くのコメントを集計した結果、
Iのシモネタパレードが一番多かったので、それにしましょう♪


まぁ、これシモネタちゃうかもしれんけど、
そこはご愛嬌で。

んで、何か知らんけど、
昨日からむっちゃお尻が痛いんよ!
 
 お尻。

それは、ある時はケツ、またある時はヒップと呼ばれる、
摩訶不思議かつエキセントリックな半球。

それが昨日からチョー痛いの!!!
しかも、原因不明やし。

特別なサービスをしてくれる風俗店に行った記憶は全くないし、
下痢にもなってへんし、クレヨンしんちゃんみたいに、
尻たたきされるほど、幼稚やないしなぁ〜。

もしかしたら、お尻の神様「ヒッピー」の逆鱗に
触れたかもしれん!!!(焦)

まぁ、仰向けに寝て、お尻を天にかざすような
体位で寝れば、治るかな♪(確信なし)


ところで、お尻が痛いときは、何科で診てもらったらいいんやろ?

まさか、泌尿器科じゃないしなぁ〜。
肛門科でもないよなぁ〜。
ひょっとして、(耳鼻)咽喉科!!??

誰か知っとったら、教えて下さい!
出来れば、綺麗な看護婦さんに教えてもらいたいです(笑)。


まぁ、そんな感じかな!



ではでは、早速、次回の記事のアンケートをとります♪
以下の5つの候補からこれを書いて欲しい!ってのを、
コメント欄に記入してちょんまげ!(←しつこい)


@宮崎あおいの傾向と対策―05年秋―
A木村カエラ「ビート」レビュー
Bオレンジレンジ論2
Cバロック時代の音楽家達
Dタウンワークの正しい使用方法



今回は、芸術の秋ってことで、音楽系を多くしたでー。

みなさん、ガッチョリ応募してちょーだい♪
posted by 一等賞 at 23:50| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンケート

前略 デューク更家です(違)。

今、何でか分からんけど、猛烈に喋るのが面倒やわ〜。
拙者に用がある時は筆談で頼んます。

さてさて、昨日の記事を、最後まで、一字一句、ちゃんと
読んだ人はおるんやろうか?

もし、そんな人がおったら、


   ありがとう

   まいどー
   
   おぶりがーど

   せんきゅー

   だんけ

   めるしぃー

   おぶりがーど
   
   しぇいしぇい

   Γξ√♯з¶♀σ£

   おぶりがーど


と拙者が、知るうる限りの全ての「ありがとう」を言います。
そして、それがもし女の子やったら、ヴィトンの鞄をプレゼントするわ!

そやから、男性諸君は拙者にお金を下さい(笑)。

…そうそう、最近ブログの構造改革より、
日常生活の構造改革が必要やということに気づきました。

では、今から昼寝するわ(爆)。

こんな酷い記事だけやと、愛読者に申し訳ないので、
今夜もう一回更新します。多分。

記事の候補としては、


@ORENGE RENGE論
Aパ・リーグプレーオフに物申す
B宮崎あおいの傾向と対策
C新・モダニズム美術史
DF1のススメ
Eモーツァルトの光と闇
F石垣島の人々 ver2.0 
G一等賞の野望
H現代医学の脅威
Iシモネタパレード



こんなもんかなぁ〜。

もし、この記事を書いて欲しいってのがあったら、
遠慮なく言ってなー!

出来るだけ、みんな要望に応えるから♪

ではでは、おやすみなさい zzz

posted by 一等賞 at 13:56| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

秋祭フォー!決定版

14日(金)秋祭イブ


9:11 

 いつものことだが、寝坊する。
 こんなんで秋祭を無事乗りきれるのだろうか?
 という疑念が生じる。早く学校に行かねば。


13:00
 
 秋祭で着るチームウェア代、1万8千円をリーダーに奉納する。
 この時は、まだ明日起こる悲劇など知る由もない。
 

15:00
 
 遂に秋祭に向けての本格的な準備が始まろうとしている。
 拙者には、はんぺんさつまあげを切るという
 非常に重要かつ危険な任務が与えられた。
 この時から、既に若干の興奮状態。

 しかし、準備に取り掛かる前に、拙者にはしなけらばならないことがあった。
 家の掃除である。ただの家の掃除ではない。
 廃墟と化した家の掃除である。ぱっと見、かなりの労力と
 時間を要しそうだ。数時間後、ここはただの家ではなく、
 戦いの舞台となる。急がなくては。


16:00
 
 ここで事件が発生する。
 拙者と同じ下ごしらえ組のこんにゃく処理班
 原因不明の病に冒されたのだ。
 彼の代役を務められるほどのスキルを持った
 代役などいるはずがない。
 だが、こんにゃく処理は秋祭の必須事項だ。
 そして、こんにゃくはおでんの花形である。
 こんにゃくのないおでんが売れるだろうか?
 ………
 拙者が切るほかなさそうだ。
 自信はないが、やるしかない。


16:30

 遂に、はんぺんとさつまあげ、
 そして、こんにゃくを買いに行く時が来た。
 ちくわ・ちくわぶ処理班と合流し、二人は東に向かう。
 武者震いがした。


17:00

 おかしい。「その店」が見つからない。
 東に行っても行っても一向に「その店」が見当たらない。
 「まさか?…」
 一筋の不安が脳裏によぎったので、リーダーに電話をした。
 不安は的中した。
 「その店」は西にあったのだ。 
 急いで引き返すと、リーダーの言う通り、
 「その店」は西にあった。
 
 店に入ると、かなりの人がいた。凄い熱気だ。
 息がつまりそうだ。しかし、今更引き返すわけにはいかない。
 「僕が僕があるために勝ち続けなきゃならない」
 という尾崎豊の歌詞を思い出した。

 そして、人混みを掻き分け、やっとのことで
 おでんコーナーに辿り着いた。
 
 しかし、更なる悲劇が拙者を襲う。
 なんと、「その店」は噂に反して安くなかったのだ。
 一気に疲労が波のように幾層にもなって押し寄せてくる。
 立ち止まっていたら、呑み込まれそうだ。
 神様は拙者に走り続けることを宿命付けたようだ。
 「フォー!。フウー。」小さく、一息つく。
 覚悟は出来た。

 取り合えず、「その店」では一番安かった
 こんにゃくだけを買うことにした。
 拙者は生まれて初めてこんにゃくの重さに打ちひしがれた。
 しかし、立ち止まっている暇はない。
 時間だけが刻一刻と過ぎていった。


17:45
 
 その足で、拙者は「あの店」に行った。
 案の定「その店」より安かった。だが後悔している暇などない。
 急いで、拙者ははんぺんとさつまあげを大量に買った。
 本当にもの凄い数だ。
 この日「あの店」からさつまあげを消したのは犯人は拙者だ。
 ここまでくると、「大人買い」と言うより、
 「大人気ない買い」だ。
 つまらないことを口走ってしまった。
 取り合えず、無事に買えてよかった。 

 どうやら、ちくわ・ちくわぶ処理班も無事に買えたようだ。


18:00
 
 「あの店」を出ると、日はもう完全に暮れていた。
 そして、帰りの道は困難を極めた。
 拙者は人生で初めて地球の引力の恐ろしさを知った。
 まさか、「おでんの具」に翻弄されるとは。
 こいでもこいでも、前に進んでいる気がしない。
 愛車が悲鳴をあげている。
 
 余りの重さに、道行く人が皆、ショッカーに見える。
 まさに「ヒィー」だ。
 
 この時ばかりは、この世には神も仏もいないと思った。


18:30 

 やっとの思いで、家に辿りつく。
 だが、玄関を開けた瞬間、拙者は戦慄の事実を知る。
 そう、まだ家の掃除が終わったいなかったのだ。
 
 外出中に勝手に片付いているかも、という
 淡い期待を抱いていた拙者が馬鹿だった。

 拙者は魔法使いではないのだ。

 今日はオールになる、そう確信した。


20:00

 掃除が終わった。完璧だ。
 戦いの舞台は整った。

 一息ついていると、
 静寂を切り裂いて、携帯電話が鳴り響いた。
 着信音は、「Worlds end」だ。

 仲間からの食事のお誘いだった。

 やはり持つべきものは神より友である。
 拙者はその誘いを快諾した。
 
 今思うと、あの食事会があったからこそ、
 あれから先、起こった色んな障害を障害を乗り越えられた、
 のかもしれない。


21:30

  遂に、この時が来た。
  興奮はピークに達している。
  もう秋なのに、体が熱い。
   
  拙者はまな板と包丁を取り出し、
  はんぺんを洗う。

  全ての準備は整った。

  あとは、この包丁、
  通称、「菊一文字」ではんぺんをおでんの形、
  つまり三角形に切るだけだ。

  心なしか、手が震えている。
  弱気になってはいけない。
  そう自分に言い聞かす。

  一歩一歩「菊一文字」が「はんぺん」
  との間合いをつめていく。

  ………今だ!!!

  勝負は一瞬で決した。拙者の圧勝である。
  目の前に映るはんぺんが、どんなに有名な
  建築物より綺麗な曲線美を描いているように見える。

  気がつくと、拙者は泣いていた。
  勿論、流石にそれは嘘である。


22:30
 
  全ての具材を切り終わる。
  遂に、下ごしらえが終わったのだ。
  そう、拙者の任務が終わったのである。

  何故こんなにも早く終わったのか?

  実は、拙者には助っ人がいたのだ。
  しかも、ただの助っ人ではない。
  人々は、彼のことを「魔法使い」と呼ぶ。
  彼の魔法のおかげで、作業はあっさりと終焉を告げた。

  文字通り拙者は「解放」されたのだ。


0:00

  魔法使いさんと完全にリラックスモードに入っていると、
  突如、インターホンが鳴り響いた。
  一瞬、NHKの徴収員かと思い警戒する。
  だが、それは取り越し苦労に終わった。
  
  ちくわ・ちくわぶ処理班とその愉快な仲間達の来訪だった。

  そして、秋祭に備えてテンションを上げるために、
  深夜のゲーム大会が始まった。
  (ご近所の皆さん、あの日は申し訳ありませんでした。)


3:30

  体力と気力の限界を迎え、
  ようやく夢に中にいざなわれる。
  昨日の朝感じた、
  こんなんで無事秋祭の乗り切れるのだろうか?
  という疑念が再度頭をよぎりながら…。

  
  でも、その秋祭の話はまた別の話…(FF風)。


  つづく


posted by 一等賞 at 10:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

更家 オブ ジョイトイ

 

     しゅん





     しゅん




     しゅん





皆さん、こんばんみー。
「おいらはボイラ」ことデューク更家です(違)。

いきなり、変なテンションで入ってすんまそん。

あまりにエゲツないアメリカのTV番組をみて
完全にイっちゃいました。

んで、今日は「ブログ連続更新記録停止」警報
発令されたため、急遽内容を変更します。
秋祭については、もうしばらくお待ちください。

とは言ったものの、特に書くことがありません。

うーん、何書こう??

あっ、そやさっき、
ポリスミェーン(ひろみ郷風に言ってます)
に職務質問されました。

若干、焦りました。というか最近やたら職務質問されます。
もしかして、隠しカメラでも仕掛けれとるんでしょうか?
もう、完全に人間不信です。

そう言えば、パ・リーグのプレーオフが熱いですね。
明日の試合が楽しみです♪

あと、六大学野球では、慶応が法政に意味不明な
負け方をしたため、優勝がなくなりました。
あーあ。死ねばいいのに(笑)。

ではでは、日が変わりそうやから今宵はこのへんで。

ちなみに、これからは

雨の日はヤクルトのミニミニ傘で、

晴れの日はデューク更家風に「しゅんしゅん」しながら、

そして、
曇りの日はHG風に「フォー!!!」って感じで、
登校するので、皆さん応援お願いします♪

それでは、おやすみなさい。

くれぐれも浮気はしないようにしましょー。

※今日は内輪ネタが多くてごめんなさい

posted by 一等賞 at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

秋祭フォー!開幕版

今日は以前ちらっと書きましたが、
うちの学校祭である、秋祭がありました。

うちのサークルでは、秋祭は1年生が担当することになってるので、
拙者率いる(←大嘘)1年生軍団は「おでん」を作りました。

売れ行きは…どーやったんでしょうか??
正直、売れた感は田中真紀子様の講演後におじちゃん、
おばちゃん軍団が来たときだけやったような気がします。
まぁ、まだ明日もあるんで、まだまだ分かりません。
みんな、明日は頑張りましょー♪

そうそう、

今日もらったサークルのウエアが1時間あまりで、

「おでんの暑さ」による業務上過失致死でやられました。

初めは「フォー!!!」って感じやったけど、
次第に、使い古した感がそれはそれでいいかなぁ〜
と思うようになりました。

名付けて、
     「ブロークンウエア」
または、
     「ユーズドアップ」
です。

これからも、全て物事をポジティブに捉えたいと思います。


それと、今日は皆さんがあまりにも、マヨネーズを
上手く有効活用出来ていないことに驚きました。
ホンマに失望しましたよ(笑)。

これからは、焼き芋にも大根にもマヨネーズをつけましょう。

あと、ポカリスエットは青色しかないそうです。
くれぐれも、青いポカリスエットと言わないようにしましょう。

そして、「豚汁」をくれぐれも
「ぶたじる」と言うことはやめましょう。
正しくは「とんじる」です。

そんなわけで、今日は悲惨な一日でした。フォー!!!
明日はめちゃめちゃ頑張って、
「happy news」を引き寄せたいと思います。

そんなわけで、今日は肉体的にも精神的にも
かなり疲れたので、このへんで。

秋祭についてはまた明日詳しく書きたいと思います。

ではでは、おやすみなさい。フォー!!!
posted by 一等賞 at 23:10| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

サッカーイングランド代表

最近、ブログをやる意味を失いつつあります。
自分で読んでも、面白い気がしません。
自分の笑いに対するハードルが高すぎだけであって欲しいです。

でも、おとついからアクセス数が減ってきてます。

お客様のご意見を是非お聞かせください。

そろそろ、抜本的な構造改革が必要かもしれません。
相当な「痛み」を伴いそうです。
もしかしたら、痛いだけかもしれません。

でも、Mの拙者にとってはそれはそれで快感です。

取り合えず、今日はステレオタイプのままでお送りするので、
つまらんままですが、どうか最後まで読んでください。


今日はサッカーのイングランド代表についてお送りいたします。

ドイツW杯予選1位通過記念ブログです。

取り合えず、1位で通過出来てよかったです。
終盤はかなり苦戦を強いられたから、少しハラハラしました。

まぁ、前回の予選ほどじゃないけど。
前回の予選はホンマにドラマチックやったからな!

…特に書くことがないので、
独断と偏見によるイングランド代表06年ベストイレブンを
エリクソン監督には内緒で考えました。

  

          ルーニー
   オーウェン



J.コール         ベッカム    

          ランパード
   ジェラード


A.コール             G.ネビル

      キャンベル  ファーディナンド


         ロビンソン



はい、もの凄い普通のメンバーです(苦笑)。
勿論、4−4−2です。

少しいじるなら、
J.コールに変えて、ハーグリーブス
あと、G.ネビルに変えて、ブリッジを使うというのは、
結構面白いと思うんやけど♪

客観的にみても、今のイングランド代表には、
相当なポテンシャルがあると拙者は思います。

上のメンバー以外にも、いい選手がいっぱいいるし。

前回の日韓W杯のように、怪我人さえ出なければ、
宿敵ドイツの目の前での、悲願の優勝も夢じゃありません。

今から、本当にW杯が楽しみです♪

ところで、やっぱベッカムはW杯初戦に出れへんのでしょうか?
もし、そうやとかなり痛いなぁ…。

P.S
エリクソン監督、もしこのブログ読んだら、
是非来年はこのメンバーでお願いします♪
posted by 一等賞 at 13:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

KANGOLを求めて三千里

こっちに引っ越してきて、はや半年あまり。

もうこっちの生活には慣れを通り越して、
最近はグダグダライフを満喫中です。

ちなみに、未だに標準語は喋れません。


そして、1ヶ月前位から急に帽子が欲しくなった拙者。

帽子は「KANGOL」と決めているので、
早速近くに、KANGOLのお店がないか調べました。

はい、無駄な努力でした。

それにしても、ここは、なんて田舎なんでしょうか。

神奈川が聞いてあきれますよ〜。

地元ですら、近所のサティに行けば、KANGOLの
帽子ぐらい売ってますよ。

そんなわけで、原宿に本店みたいなんがあるんは
知ってたので、そこに行こうとしたんやけど、
結構遠いので、なかなか行く機会が見つからず。


しかし、そんな途方に暮れいる拙者を神様は見捨てませんでした。

町田の109に売っているという星が空から降ってきたのです。
   嘘です。

   ホントは
夢で天使が「町田の109の3階に売ってるよ〜」と教えてくれたのです。
   大嘘です。

まぁ、そんな経緯はどーでもいいっすね。


そんなわけで、

それやったら、一刻も早く町田109に行かねば。
                      と決意する拙者。


109??     と自問自答する拙者。

109!!     と大事な事実に気づいた拙者。


そうなのです!!!

拙者は
「109に一人で行けへんシンドローム」
を小さい頃から患っているのです。

ちなみに、
「女子大は平気で一人で行けるシンドローム」
も患ってます。

この病だけは、どーすることも出来ません。
財前先生でも、コトー先生でも、ブラックジャックでも治せません。

まさに、ポケモン風に言うと、

「一等賞は目の前が真っ暗になった」

です。


しかししかし、拙者はついてました。
拙者は大事なことを忘れていました。


   そして、
今日遂に、町田の109に行ったのです。


そう、20歳の保護者代行と一緒に行ったのです。


やはり、持つべきものは神より友ですね。

そんなわけで、無事KANGOLの帽子も無事買うことが出来、
ついでに、拙者御用達の「COMME CA STORE」
で服も買っちゃいました。

少し、財布の具合が心配やけど(苦笑)。
また、明日から質素な生活をしたいと思います。


そうそうあと、保護者代行の方が町田の酒屋に連れていってくれました。
拙者は、酒の種類の多さにKANGOL帽子で脱帽しました。

そして、桜餅の匂いがするお酒がよさそーと思ったんやけど、
パパ(笑)は買ってくれませんでした。

そんなわけで、今日は充実した一日でした。

でも、町田の人混みで疲れてしまい、
サークルの練習に参加出来やんだのが心残りです。

やっぱり、田舎がいいですね♪
posted by 一等賞 at 22:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

メバチコ=オブ=ジョイトイ

日が変わらないうちに前回の記事の続報をやりたいと思います。

はい、
結論から言って、めばちこは関西弁らしいです。

まぁ、西日本ではそこそこ通じるみたいです。

詳しくこちらをどうぞ♪

何故か、我が故郷の「めばちこ」率が低いのが気になります。


熊本では「おひめさん」というらしいです(笑)。

今日、熊本出身の子が言ってました。

マジでびっくりです。

では、詳しいことは上記のサイトに全て書かれるから、

そっちで確認してください。

もう、拙者のめばちこ熱は冷めてしまいました。


それでは、皆さん、目は清潔にしましょう♪


※今回の記事はかなり手抜きです。
 
posted by 一等賞 at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。