2005年10月03日

ドラフト会議―高校生編―

さっきまで、O戸屋で、友達と2時間くらい、
ずっとしょーもない話をしてました。
ホンマにくだらない話やったけど、面白かったです。

ところで、バタフリーの進化前ってなんやったっけ?
分かる人がいたら教えて下さい。
近々、ポケモンの記事キャテゴリー(←高校の先生の言い方)
を追加する必要がありそうです(笑)。

O戸屋で、学んだことはそれだけです。

まぁ、拙者は平凡な1日を過ごしていたのですが、
世間では、というか新高輪プリンスホテルでは
ドラフト会議が開かれました。

今年から、ドラフト制度が変わったので、
今日は高校生だけのドラフトでした。

で…色々混乱があったみたいです。
交渉権獲得球団が、二転三転するという、
前代未聞の事態が起きたのです。

この事件の被害者となったのが、
福岡第一高の陽君(一応、年下なんで君付け)です。
初めは憧れのソフトバンクが交渉権を獲得したということで
嬉し涙をみせていたんやけど、
実際は、日本ハムが交渉権を得ていたことが判明し、
さぞ陽君は複雑な気持ちでしょう。
ホントに可哀想です。

辻内君(大阪桐蔭高)も、同じ目にあったんやけど、
彼の場合は、結果的に小さい頃からのファンであるという、
巨人が交渉権を得たので、まだよかったです。

でも、今後は一切そういうことがないようにして欲しいです。
高校生がカワイそ過ぎます。

まぁ、後味の悪いドラフトでしたが、
ここで独断と偏見の意見を交えながら、簡単に振り返ってみましょう。

まず、一番成功したといえるのは、日本ハムだと思います。
先程述べた、陽君をはじめ、木下君(東邦)今成君(浦和学院)
の獲得に成功したのですから。

我が巨人も辻内を獲得出来たので、合格点を出せるでしょう。
福井君(済美)も獲得出来ましたし。
あと、「大魔神2世」と言われる東北福祉大学の福田投手の
獲得も確定的だと言われてるんで、万全の補強と言えそうです。

また、注目の平田君(大阪桐蔭)は中日が、
「浪速のゴジラ」の岡田君(履正社)はオリックスが、
片山君(報徳学園)は楽天が、それぞれ交渉権を獲得しました。

阪神は結局、競合を回避して、鶴君(社)を指名しました。

今年は、何故か「甲子園組」の指名が少なかったです。

まぁ、他の選手の詳細も知りたいぜ!って思った方は、
拙者に、遠慮なくご質問してください。
懇切丁寧に教えますんで♪


ってか密かに、何かの手違えで、拙者も指名されるかなぁ、
と思って記者会見の準備をしてたんやけど、結局指名されませんでした。
大学・社会人のドラフトの方に期待します♪

もし、このブログを読んだスカウトの方がいれば、
是非指名お願いします。アピールポイントは、
「両投両打」
だということです。

それでは、その日を楽しみにしています。

あっ、元木選手、長い間、お疲れさまでした!!
貴方の「クセ者」ぶりは一生忘れません!!


posted by 一等賞 at 23:23| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(3) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。