2005年12月29日

モーニングブログ

おはようございまーす…。眠い。
結局、KANGOLの服が売っとる店を
見つけられんまま、年を越しそうな一等賞でーす。

今から帰省します。
みどりの窓口で夜の7時と朝の7時を間違えたため、
5時起きです。有り得ないです。

あー眠い。

こんな記事やけど、
もしかしたら、これが今年最後のブログかもしれません。

…眠くて何も書けへん…(笑)。

では、皆さんよいお年をー!

お年玉期待しとるで〜♪(違)


posted by 一等賞 at 05:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

X'mas バトン ver2.0

皆さん、お久しぶりでーす!覚えてますか〜!?(笑)
ブログ界の貴公子(違)、一等賞で〜す♪

かなり更新してなかったけど、
別に俳人…じゃなくって廃人やったわけちゃうよ〜。

ブログ更新パワー、略してBPがなかっただけです。

で、今回はまぁネタがないことはないんやけど。
心優しい人(マジでありがとう!)がバトンを廻してくれたので、
それに答えたいと、思いまする。
(かなり答えるのが遅くなってしまって申し訳ないです。)

廻ってきたのは、クリスマスバトーン!
ん?クリスマスバトン??前やったような…
あっ、少し違うんか。一緒のもあるけど(笑)。

まぁ、今回はクリスマス後にクリスマスバトンに答えるという、
前代未聞の暴挙を犯しているので、
前回とは少し趣が違っていいんではないんでしょうか?(笑)
ってか、いいことにしといてください!

ではでは、御覧キャミソール♪(←意味不明)


♪1♪クリスマスって好きですか?

どちらか言うと、イヴのが好きです。
あっ、そういうことじゃないって?
じゃあ、逆に訊きますが、
「好き」って何ですか?(笑)


♪2♪どんな過ごし方が好きですか?

この日ばかりは、流石の僕でも「よくある」過ごし方が好きです。


♪3♪クリスマスソングといえば?

「トナカイの歌」(タイトル違うかも…。)

「真っ赤なおっ鼻の〜トナカイさーんは〜♪」ってやつ。

あれの、「くらいよみーちは、ピカピカのー♪」ってとこの、
「くらいよみちは」が「暗い夜道」「暗いよ道」なのか、
未だに分かりません。誰か教えて下さい。


♪4♪サンタさんは信じていましたか?
今も信じてます(嘘)。でも結構遅くまで信じとったかな〜。


♪5♪サンタさんにお願いしたいプレゼントは?

世界平和。


♪6♪今年のクリスマスは誰と過ごしますか?

もう終わった話やけど、色んな人と過ごしました。
ゆうに10人は超えています。
過去最高に忙しいクリスマスでした。
楽しかったけど♪


♪7♪昨年のクリスマスは誰と過ごしましたか?

(言うと、著しく僕の好感度を下げるので)忘れました。

♪8♪プレゼントを除くクリスマスの予算はどのくらいですか?

いつも質素なクリスマスなんやけど、
今年は半端なく使いました。諭吉が何人か飛んで行きました。


♪9♪クリスマスプレゼントに掛ける予算はどのくらいですか?

諭吉×1+一葉×1+英世×1=二千円札8枚


♪10♪今までで一番思ぃ出に残るクリスマスのプレゼントは?

今まで貰ったクリスマスプレゼントに
順番をつけるなんて僕には出来ません!(笑)


♪11♪今までで一番最悪だったクリスマスの思い出は?

前も言ったかもしれんけど、サンタの正体が親やと知った時。


♪12♪あなたにとって理想のクリスマスとは?

彼女と楽しくデートしていて、偶然宮崎あおいを発見し、
サイン&握手をしてもらう(笑)。

♪13♪ホワイトクリスマスがいいですか?それとも降らない方が?

かまくらが作れない程度の雪なら降ってもいいです。

♪14♪今年のクリスマスに向けての意気込みを一言どうぞ!

もう、終わってしまいました。でも楽しかったです。
ほぼ不眠不休やけど(笑)。


こんな感じです。昨日から訳あって全く寝てへんくて、
振り返るのも煩わしいので今夜はこのへんで!

おやすみんごー♪
posted by 一等賞 at 01:24| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

本当にあった怖い話



今、信じられないことが起きました。





テレビの電源が勝手に消えました。






リモコンは遥か彼方にあります。






電源を入れてみました。






普段と特に変わりはないです。





恐怖が本格化しないうちに、トイレに行きました。



冬のトイレは寒いです。



トイレットペーパーが少なくなってきました。





トイレから戻ると、更なる恐怖が僕を襲いました。






昨日書いたブログの記事が消えていました。


しかし、それはすぐ自分のミスだということに気づきました。



もう一度書くほど面白い記事ではないので、前回の記事を要約すると、



「一等賞は最悪のweekendを過ごし、
上戸彩より福田沙紀の方が可愛いと思っている。」



ってな感じの記事でした。





今、テレビではおばちゃんが、





「ししゃものエスカベージュ」を作っています。





「ししゃものエスカベージュ」では、
恐怖を紛らわせそうにないので、もう寝ます。



恐怖とエスカベージュの意味が気になって眠れそうにありませんが…。



皆さんも夜のテレビと「ししゃものエスカベージュ」には気を付けましょう。
posted by 一等賞 at 02:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

お金はあるが、ネタがない

某友人のブログに若干(いや、かなり?)、
プチっときた伊藤チャンです。

まぁ、伊藤チャンもそんなんにかまっとるほど、
バカちゃうから、シカッティングしとるけど。

ところで、ロデオ。
最近、世間では堀北真希がキテるみたいですね。
伊藤チャンが、初めて彼女を知ったのは、
レミオロメンの「3/9」のPVに出演してた時で、
その時は、「チョ〜かわいい〜」(ギャル風に読んで下さい)
と思って、MTVとかで、
そのPVを観るのが、密かな楽しみでした。(←若干キモイ)

で、それ以来結構好きやったんやけど、
最近かなり知名度がアップしてきて、
伊藤チャンの「堀北熱」(?)は冷めてきました。
まぁ、それがファン心理というものなんやろうけど…。

まぁ、その点を考慮すると、
まだ宮崎あおい(またかよ!って思うことなかれ)
を知らん人はまだ結構いるから、しばらくは安心かな(笑)。

でも、今年NANAでかなり注目されるようになったし、
来年もかなりいっぱい映画出るっぽいから、心配です。
まさに巣立つわが子を見守る親鳥の心境です(違)。

売れて欲しいような、売れほしくないような…。

勿論、売れて知名度が上がるんは、
それはそれで嬉しいんやけど、
遠い存在になってしまうみたいで、淋しいなぁ。

何かささやかな楽しみ奪われる気がする…。

でもそういうファン心理ってのを、もう少し
俯瞰で考えてみると、
やっぱ人間って業が深いなぁって思ってしまう。

ささやかな楽しみを維持したいってのも、
悪く言えば、優越感に浸りたいってのと、
独占欲に他ならんし。

だからってわけじゃないんやけど、
僕は束縛されるのが嫌いで、
もう、例えばそれが超可愛い彼女でも、
束縛されるのだけは、無理かな。
いや、超可愛いかったら許すかも(爆)。

まぁでも、男女間に限らず、基本的に干渉されるのは、
やめていただきたい(笑)。

ってか、全ての争いはそういうつまらん気持ちから、
起こっとるんちゃうかな〜、とか思ってみたり。

でも、かと言って、都会の人みたい(←偏見)に、
他人に無関心なのもどうかと思うけど。

まぁ難しいけど、伊藤チャンは知らない人には優しく、
知っとる人には、フラットに付き合いたいな〜。

でも結局、人の価値観なんか人それぞれやから、
よー分からんけど。

そやから取り合えず、伊藤チャンに出来ることは、
宮崎あおいを応援し続けることかな(笑)。


何か凄いオチを思いついてたんやけど、
アホやから忘れたので、おしまいです(謝)。

以上、
タイトルと内容がシンクロしてへん記事を、
精力減退気味の「世界の一等賞」に変わって
新鋭作家、伊藤チャンがお送りいたしました(笑)。

ちなみに、ジブリで例えると、
一等賞は宮崎駿伊藤チャンは高畑勲です(笑)。

スタジオジブリから訴えられないか若干心配です。

ではでは〜。
posted by 一等賞 at 23:55| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

多忙な未亡人

一身上の都合のより、学校を休んだ一等賞です。
微妙に単位が心配です。

と書き始めてみたものの、全くネタがないことに気づきました。
というわけで、誰か何でもいいので、バトンをください。

それでは、今からネタ探しの旅に行ってくるので、今日はこのへんで。

ちなみに、かなり手を抜いたように見えますが、
30分くらい、PCの画面とにらめっこをしていたので、
別に手を抜いたわけではありません。
本当にネタがなかっただけです。

今夜が勝負どころです。
posted by 一等賞 at 16:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

本邦初公開〜一等賞の師走編〜

「寒いねと君が言ったから今日は寒いね記念日」

でお馴染みの一等賞です。ついさっき家に帰って来ました。
明日は久しぶりに遅刻予約シテスムを利用せなあかんかも。

で、今回は、最近やたらと、
「いつ帰省するん?」とか「今度の日曜暇?」とか、
予定を訊かれて、イチイチ答えるのが面倒くなってきたから、
拙者の12月のスケジュールを載せます。

まさに自分で自分をフライデーするような心境です。

ブログ界のカリスマ(嘘)一等賞の年末スケジュールを
知ることが出来るんはブログ界広しと言えども、
このブログだけやで〜!って、そんなん当たり前やけど(笑)。

というわけで、拙者に興味ない人はここで読むのを止めましょう。


12(月):バイト
13(火):サークル(今期最後の練習)
14(水):宇多田ヒカル single「Passion」release
15(木):バイト
16(金):飲み会
17(土):クリスマスパーティー@渋谷
18(日):原宿へ行こう〜05年冬〜
19(月):多分バイト
20(火):多分バイト
21(水):ap bank DVD「ap bank fes05」release
22(木):飲み会?
23(金):クリスマスパーティー@イトー邸?
24(土):比較的多忙人
25(日):比較的暇人
26(月):比較的未亡人ではなく多分バイト
27(火):多分バイト
28(水):帰省


まぁ、こんな感じですかなぁ。
一応、猿岩石あるいはなすびよりは忙しい自信があります。
けど、パペットマペットより忙しいかどうかは不明です。

というか、忙しさもさることながら、出費がハンパないです。
水曜日だけで、7000円以上の出費です。
全部でいくらの出費になるんやろう…??。
考えると、「知覚過敏」になりそうやから、やめます(笑)。

ってか、25日誰か遊ぼうYO!FOー!!

※ここでの「誰か」とは宮崎あおいや長澤まさみのような、
 チャーミーグリーン(違)な女性のことを指します。


ではでは、久々更新やのに、
殆どの人には、全く無益な情報をお届けしました。
posted by 一等賞 at 02:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

もしもバトン

関東ではやしきたかじんの番組が殆ど観れやんのが、
理解不能な一等賞です。

今日もバトンですね。もしもバトンか…。
妄想癖の疑いがある拙者には、
うってつけかもしれへんなぁ(笑)。ではでは〜。


【1】理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。
理想の女=宮崎あおいやから、迷わず、
「俺はお前の彼氏だ!」と言う。そして、
記憶を取り戻す前に結婚する。

【2】歩いていたらサインを求められた。
取り合えず、「テリー伊藤」とサインする。
または、「デビット伊東」とサインする。

【3】引き出しからドラえもんが出て来た。
「どらみちゃんがよかった。」とぼやく。

【4】殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。
「じゃあ、一緒に死にましょう。」と言う。

【5】見知らぬ大富豪に遺産を遺された。
マッハ5秒で、コーポラティブマンションを購入する(笑)。

【6】初対面で「B型?」と聞かれた。
「そう思った理由を、“刀狩”“検地”という言葉を使って、
100字以上150字以内で論理的に説明しなさい。」と言う。

【7】預金残高が増えていた。
新手の「振り込まれ詐欺」かもしれないので、
取り合えず、総理官邸に電話。

【8】カモシカの様な脚にされた。
これからはカモシカとして、宮崎あおいを応援することを決意する。

【9】前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。
ここは、一休さんのようなとんちを言いたいところだが、
何もひらめかないので、取り合えず、座ってみる。

【10】「犯人はあなたです!」と言われた。
「イエス!高須クリニック!」と叫ぶ。勿論、世界の中心で。

以上の受け答えから、拙者は妄想家なんかではなく、
素晴らしいリアリストであることが分かると思います。

ではでは、これからもリアルな世界観を持ったブログを
書き続けていきたいと思います。
posted by 一等賞 at 14:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間バトン

これから「有り得ない」のことを、
「アリエンティ」ということにした一等賞です。

ほんで、今日はやっとこさ、バトンに答えたいと思います。
その名も「人間バトン」!では、早速ぅ〜。


1*回してくれた方に対しての印象

・苗字が一緒(笑)
・高校が一緒(笑)
・住所が殆ど一緒(笑)


・ちょーいい人
・凄い行動派!
・きっと、素ン晴らしい奥さんになるでしょう!
・しかも、何気に面白い♪


2*周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?
 5つ述べてください。


・天才
・紳士
・男前
・謙虚
・宮崎あおいに最も相応しい男


・幼い
・時間にルーズ
・我が強い
・ムラがありすぎる
・宮崎駿に最も相応しい男


3*自分の好きな人間性について5つ述べてください。

・宿題をしてくれる友達
・簡単に単位をくれる先生
・可愛い彼女
・お金を貸してくれる先輩
・日本語の出来る外国人


・面白い人
・「若い」人
・オリジナリティー溢れる人
・爽やかな人
・優しい人


4*では反対に嫌いなタイプは?

・宿題をしてくれない友達
・簡単に単位をくれない先生
・可愛くない彼女
・お金を貸してくれない先輩
・日本語の出来ない外国人


・偉っそうな人
・冗談が通じない人
・自分勝手な人
・空気が読めない人
・「大人すぎる」人


5*自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

岡田准一の顔と岡田真澄の声を兼ね備えた人。

99%の笑いと1%の真理を持った人。

6*自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

みんな、俺について来い!

皆さん、僕に相手してやってください!

7*そんな大好きな人にバトンタッチ15名!(印象つき)

じゃあ、一等賞(三重の至宝)×15で!(笑)


ユーモアと、ちゃんとバトンに答える誠実さの両方を示すため、
2種類の答えを用意しました。

決して、二重人格者ではありません。

ってか生まれて初めて、
自分で自分にバトンを廻すという、暴挙に出ました。

でも、これでネタに困った時も大丈夫です(笑)。

ではでは、今日は果てしなく眠たいので、このへんで。

バイバイキーン!!!!!!!!!!!!!!!!!
posted by 一等賞 at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

感覚の生理と心理

中1の時、夏目漱石の本名が夏目金之助やと、
知った時、1週間爆笑していた一等賞です。

バトンが貯まっとるんやけど、
今日は絶対書かなあかんことがあるので、
もうしばらくお持ち下さい。

というわけで、今日は昨夜から今朝にかけての、
12時間睡眠の模様をお送りいたします。

(午後7時)
体:「眠たいなー。寝ようぜー。」
心:「寝ちゃダメだ!今日は課題があるんやから!」
体:「仕方ねぇなー。じゃあ早くやれよ。」

(午後8時)
心:「あー、やる気でーへんわぁ。
   課題なんかどーでもよくなってきた。」
体:「よしよし、じゃあ寝ようぜ!」
心:「じゃあ、しばらく仮眠するか。」

(午後11時)
体:「おーい、目覚ましが鳴ってて起きたでー!」
心:「えっ!?もう11時!?もうちょい寝よ。」

(午前1時)
体:「おーい。腹が減って寝れやんよー!」
心:「(爆睡中)。」
体:「うわ、爆睡しとるし。」

(午前3時)
心:「うわ〜。中途半端な時間に起きてしまった。
   今から、起きてもすることないし。寝るか。
   こいつも爆睡しとるし。」
体:「…(空腹のため喋れない)。」

(午前7時)
体:「寒いよー!ってか寝すぎてもう超元気なんやけどぉ。」
心:「ええぇ!?どうせなら12時間寝よよ。」

(午前8時)
体:「もう限界です。もう寝れません…(泣)。」
心:「んもぉ、仕方ない起きてやるか。その代わり、
   今日、ラーメンおごれよ!」
体:「何でもするから、早く起きてください。」


以上、「絶対書かあかんこと」をお送りいたしました(笑)。

重い義務から解放されて、清々しい気分です。

ではでは、次回こそバトンにお答えしたいと思います。

尚バトンのが大事やろ!っていう凡庸なツッコミは受け付けていません。
posted by 一等賞 at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

学問のすずめ

出身地と苗字を公表したお陰で、これからは
max80%の力でブログが書ける、楊深恵(前回記事参照)です。

ちなみに、以前はmax50%の力で書いてました。

しかし、少し本気を出したからと言って、
面白くなるとは限りません。

例えば、イチローがヒット狙いの打撃から、
ホームラン狙いの打撃に変えれば、
イチローの魅力は減ってしまうでしょう。

然るに、
これからは「ブログ界のイチロー」を目指して、
日々精進していきたいと思います。

では早速、短編ノンフィクション「学問のすずめ」を上映します。



昨日、バイトでレジをしとったら、6500円のお買い上げやのに、
「我輩」の前に、堂々と夏目漱石が描かれた紙を置いてきました。

あの、「石に漱ぎ、流れに枕す」の夏目漱石です。

我輩の記憶では漱石に6000円以上の価値はありません。

むしろ、噂では最近、「野口英世」「黄熱病」をうつされたと言われ、
めっきり露出度が下がってきてます。

まさか、その噂はガセで密かに、
新渡戸稲造から「武士道」を伝授され、
『それから』樋口一葉と背くらべならぬ「竹くらべ」をして、
1000円と5000円の価値を持って、カムバックしたのでしょうか?

もしそうだとしたら流石に、三重の『三四郎』と言われる我輩も敵いません。

しかし、仮に漱石が6000円の価値を
持っていたとしても、まだ足りません。

この問題を紙で解決するには、
「紙幣界の大御所」福沢諭吉の力が必要です。

いつから漱石は長年紙幣界に君臨している、
諭吉を超える『心』を持った人になったのでしょうか?

諭吉の『門』下生の我輩から見れば、
「漱石は名前はまだない、猫。』なので、
到底「先生」には及びません。

もしかしたら、漱石は
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」
という諭吉の教えを実践して、差別のない世界を目指し、
紙幣の価値を全て同じにしてしまったのかもしれません。

そうなれば、我輩は漱石をこれから夏目「坊ちゃん」と呼びます。
我輩の財布の中は「坊ちゃん」しかありません。


財務省改め債務省の陰謀による、紙幣界の内幕を想像していると、
「聖徳太子」似のお客さんが「伊藤博文」の子孫である、我輩に
恐れおののいて漱石をベンチに下げて、諭吉をマウンドに送ってきました。

まだ、差別は根強いようです。


以上、歴史的名著「学問のすずめ」をお送りしました。
posted by 一等賞 at 16:22| 東京 ☁| Comment(31) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

大阪の年

皆のもの、静まれ、静まれ〜。一等賞様のお通りだー。

と一度、言われてみたい一等賞です(笑)。


さっき、こんな面白サイトを見つけました。

中国ネームジェネレーター

簡単に言えば、中国名を与えてくれるサイトです。

早速やってみたら、拙者は

   「楊深恵」

と言う洗礼名(違)が与えられました。
19年間生きてきて、初めて自分があの
「ヤン・メイリン」の親戚であることを知りました。
今度、「ニュークラウン」を編集しとる会社に、
拙者「楊深恵」も登場させて下さい、とお願いしに行きます。

皆の者も、是非中国名を貰ってくれたまえ!(←急に偉っそう)

でも、何故か毎回名前が変わるので、
やるのは1回だけにすることをお勧めします(笑)。


で、話は変わりまして、
今日はJリーグの最終節がありました。

で、拙者はNHKで「セレッソ大阪対FC東京」を観てたんやけど、
マジ大興奮やったし!一人で盛り上がりすぎて、
寿命が縮まった感があります(笑)。
まさかガンバ大阪の逆転優勝に終わるとは!

まぁ僕は鹿島ファンやから、残念な結果には終わったんやけど、
でも、あの宮本(敬称略)の涙をみたら、
まーこれでよかったんかな〜、って思いました。

あっ、でもセレッソ大阪の選手はマジ可哀想でした…。
ロスタイムに優勝が逃げていくとは拙者も想像せーへんだし。
特に、セレッソ一筋の森島(敬称略)は毎回毎回、
土壇場で優勝を逃しとるから、
ホンマに今回は無念やったと、思います。

でも、やっぱスポーツっていいなー、ってしみじみ、
終わった後、思いました。

何か何が言いたいか分からんく、
なってきたのでそろそろ締めます(笑)。


で、今年は野球もサッカーも大阪のチームが制したわけで、
制したわけで、
…恐らくうちの親父も喜んどるんやろな〜。…やろな〜。
…そういや、今日もしジェフ千葉が奇跡の逆転優勝してたら、
千葉の年になったのになぁ〜。…なったのになぁ。

………

あかん。マジ今日調子悪いわ(笑)。何もひらめかんし。
書くネタはいっぱいあんのに、書くスキルがないっす。
精神的な状態があんまよくないからかもしれません。
ってことで、今日はこれでおしまいです。

以上、宮本の顔が欲しい、「楊深恵」でした。
posted by 一等賞 at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

伊藤は三重に多い苗字です。

でも、今まで「伊藤さん」とは
同じクラスになったことは一度もありません。奇跡です。

色々、調べてみてもらったら分かるんやけど、
三重の苗字ランキングで、「伊藤」はぶっちぎっています。
つまり、三重は伊藤さんに牛耳られています。

どーでもいいことやけど、確か2位は「山本さん」です。

更に、どーでもいいことやけど、
今初めて自分の苗字と出身地を公表しました。

同時多発暴露です。

まさに、「その時歴史が動いた」瞬間です。

今頃、皆さんは拙者の苗字が分かって、
大興奮していることでしょう。

例えるなら、
AV女優の本名が分かった時
のような興奮でしょうか?

今これを読んで、
一等賞様の故郷、三重のことが気になるって思った、
絶滅危惧種の方は、こちらを御覧下さい。↓

   インテンシブ三重弁


話は変わりますが、今日友達に、
「お前、バトンに答えるの上手いなぁ、面白いわぁ。」
と言われました。
今拙者の周りの日記界では、当時のたまごっち、
またはハイパーヨーヨー並にバトンが
流行してるんです。写るんです。

で、そんな褒め言葉を戴いたんやけど、
拙者は大して嬉しくありません。

何故なら、バトンの答えを面白くするのは、
普段のブログを面白くするのと比べたら、
はるかに簡単です。
というか、極論を言えば、
バトンを(面白く書こうとして)面白く書けなければ、
オモシロブログを目指すのはやめるべきやとすら
拙者は思ってます。

何故なら、誰かが(桜井さんやったかな?)
「音楽というのはそもそもパトロンありきで始まったもの」
というようなことを言っていましたが、
拙者は、「ブログもまたパトロンありき」やと思っているからです。

例えば、

「君、名前何て言うの?」って訊かれて、
「ボク、ドラえも〜ん(大山のぶ代風)。」って答えたら、

まぁそれなりの笑いはあるやろうけど、
貴方がいきなり、

「ボク、ドラえも〜ん(大山のぶ代風)。」って言ったら、
周りはドンビキでしょう。

つまり、そういうことです。

何が、そういうことなのか、イマイチ分かへんけど、
取り合えず、バトンに面白おかしく答えるのは、
そんなに難しくないということです。

そやから、僕はバトンに面白おかしく答えることが出来なくなったら、
ブログ界から身を引こうと思っています(笑)。

その時は、千代の富士のように「脳力の限界」と言います。

以上、ブログの女王・眞鍋かをり様
トラックバックするために、いつもより
クオリティーを上げた(つもりの)ブログをお送りいたしました。

でも、今回はバトンではないので、面白くなくても、
引退するつもりはありません(笑)。

最近の悩みが、
「Google一等賞ランキング」が低下していることの
一等賞でした。
posted by 一等賞 at 22:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(12) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。