2006年02月18日

ミュンヘン

   駄目な映画を盛り上げるために
   簡単に命が捨てられていく
   違う 僕らが見ていたいのは
   希望に満ちた光だ

     (Mr.Children「HERO」)



そんな言葉が当てはまるかどうかは分からへんけど、
昨日はミュンヘンを観てきました。わざわざ新宿まで。

まぁ、内容はともかく、
そういう史実があったってことを知るには、
いい映画かな〜。

で、肝心の内容やけど、
途中で何回か記憶が飛んどるから、

好き嫌いがはっきりする映画だった、
と知ったかぶりなことを言っておきます。

まぁ、(何回か記憶が飛んだ状態を前提に)
個人的な感想としては、
帯に短し、襷に長しって感じかな。
ってか、最近のスピルバーグは全部そんな感じやな〜。
何か決め手に欠ける。余りに多作やからかな?

ってか、それよりもナルニア国物語が観たいです(笑)。
ハリー・ポッターより全然面白そー♪
ってか未だにハリー・ポッターは好きになれへん。
あっ、あとパイレーツオブカリビアンの続編も観たいな〜。

んで、その映画の後は、ルミネでディナーしました。

そして、帰りは満員電車に揺られて激しく疲れました。
あんな乗車率は未だに慣れやんなー。
まだまだ、田舎者やなぁわーい(嬉しい顔)

そういう事で、
昨日は「よくある都会の大学生の休日」
エンジョイいたしました。

以上、シーサブログのメンテナンスの多さに、
うんざりしているイトーが、今日は殆ど何もしてへんから、
昨日のことをお伝えしました。
posted by 一等賞 at 22:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13433523

この記事へのトラックバック

ミュンヘン
Excerpt: 凄い映画だ。「プライベート・ライアン」の最初のノルマンディー上陸のシーンを、 「オーシャンズ11」で少しだけ薄めたような映画である。これほど衝撃的な映画は、なかなかない。
Weblog: シカゴ発 映画の精神医学
Tracked: 2006-03-05 09:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。