2005年09月29日

西日本の中心(辺り)で阪神が優勝する

本日2度目の更新です。

今日はTBSで「世界の中心で、愛を叫ぶ」が
放映されてます。
勿論、観てません。
純愛ブームには乗りたくありませんから。
別に、あんな恋愛をしてみたいとも思いません。
でも、彼女は欲しいですよ♪
もっと、フツーの恋愛でいいです。

そんなわけで、拙者は阪神巨人戦を観てました。
そして、阪神が優勝してしまいました。
ハァ〜。
まぁ、拙者はアンチ阪神である前に、
アンチ中日やから、中日が優勝するよりはマシなんやけど。
それでも、やっぱライバルチームの優勝は悔しいです。

でも、客観的にみると、今年の阪神は優勝するのに、
相応しいチームだったと思います。

今日のゲームも今年の阪神の縮図のような試合でした。
一言で言ってしまえば、「先行逃げ切り」。

序盤、中盤にリードして、
終盤はJ.ウイリアムス、藤川、久保田の、
通称、「JFK」で逃げ切る。
まさに、「勝利の方程式」ですね。
まぁ、「JFK」ってのはどーかと思いますけどね。
「ジョン・F・ケネディ」に失礼ですよ(笑)。

まぁ、日本シリーズはパ・リーグの覇者を応援します。

そして、巨人には、この目の前で優勝を決められた
悔しさをバネに来年こそ優勝して欲しいです。

02年に原巨人が甲子園で優勝を決めた翌年に、
阪神が優勝したみたいに。

一刻も早い「球界の盟主」の復活を祈ります。
このままやと、
「球界の迷主」
または、
「休会の盟主」
ですよ。

それでは。

あーあ、今頃、親父は六甲おろしを
アホみたいに歌ってるんでしょうね。
posted by 一等賞 at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | sports | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。