2005年12月01日

伊藤は三重に多い苗字です。

でも、今まで「伊藤さん」とは
同じクラスになったことは一度もありません。奇跡です。

色々、調べてみてもらったら分かるんやけど、
三重の苗字ランキングで、「伊藤」はぶっちぎっています。
つまり、三重は伊藤さんに牛耳られています。

どーでもいいことやけど、確か2位は「山本さん」です。

更に、どーでもいいことやけど、
今初めて自分の苗字と出身地を公表しました。

同時多発暴露です。

まさに、「その時歴史が動いた」瞬間です。

今頃、皆さんは拙者の苗字が分かって、
大興奮していることでしょう。

例えるなら、
AV女優の本名が分かった時
のような興奮でしょうか?

今これを読んで、
一等賞様の故郷、三重のことが気になるって思った、
絶滅危惧種の方は、こちらを御覧下さい。↓

   インテンシブ三重弁


話は変わりますが、今日友達に、
「お前、バトンに答えるの上手いなぁ、面白いわぁ。」
と言われました。
今拙者の周りの日記界では、当時のたまごっち、
またはハイパーヨーヨー並にバトンが
流行してるんです。写るんです。

で、そんな褒め言葉を戴いたんやけど、
拙者は大して嬉しくありません。

何故なら、バトンの答えを面白くするのは、
普段のブログを面白くするのと比べたら、
はるかに簡単です。
というか、極論を言えば、
バトンを(面白く書こうとして)面白く書けなければ、
オモシロブログを目指すのはやめるべきやとすら
拙者は思ってます。

何故なら、誰かが(桜井さんやったかな?)
「音楽というのはそもそもパトロンありきで始まったもの」
というようなことを言っていましたが、
拙者は、「ブログもまたパトロンありき」やと思っているからです。

例えば、

「君、名前何て言うの?」って訊かれて、
「ボク、ドラえも〜ん(大山のぶ代風)。」って答えたら、

まぁそれなりの笑いはあるやろうけど、
貴方がいきなり、

「ボク、ドラえも〜ん(大山のぶ代風)。」って言ったら、
周りはドンビキでしょう。

つまり、そういうことです。

何が、そういうことなのか、イマイチ分かへんけど、
取り合えず、バトンに面白おかしく答えるのは、
そんなに難しくないということです。

そやから、僕はバトンに面白おかしく答えることが出来なくなったら、
ブログ界から身を引こうと思っています(笑)。

その時は、千代の富士のように「脳力の限界」と言います。

以上、ブログの女王・眞鍋かをり様
トラックバックするために、いつもより
クオリティーを上げた(つもりの)ブログをお送りいたしました。

でも、今回はバトンではないので、面白くなくても、
引退するつもりはありません(笑)。

最近の悩みが、
「Google一等賞ランキング」が低下していることの
一等賞でした。
posted by 一等賞 at 22:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(12) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

happy birthday!

はっぴ ばーすで〜 とぅー ゆ〜

はっぴ ばーすで〜 とぅー ゆ〜

はっぴ ば〜すでー でぃあ あおい〜
はっぴ ば〜すでー あおい〜



そうでござる。
今日は宮崎あおい様の誕生日なんでござる。
20歳になったでござる。
プレゼントを送りたかったでござるが、
どこに送っていいのか分からなかったでござる。
今日言いたいことは、それだけでござる。

明日から12月でござる。師走でござる。
12月こそ真面目に生きたいでござる。
丁度1ヶ月前もそんなことを言った覚えがあるでござる。
では今夜は宮崎あおいの誕生日パーティーに出る夢を見るでござる。
おやすみでござる。
posted by 一等賞 at 23:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

X'mas バトン

あー、また来たしー。今度はクリスマスバトンかよ〜。
めんどくせ〜。とか言いつつ毎回廻ってきたバトンには
真摯に取り組んでいる紳士な一等賞です。
でも、拙者がバトンに答えて、誰が喜ぶんやろう?
甚だ疑問です。深く考えると、やる気がなくなりそうやから、
ちゃっちゃっと答えてしまいましょう。


【Q1】今年のクリスマスは誰と過ごしますか?

ずばり、分かりません。
拙者はモハメットのような預言者でも
細木数子のような占い師でもないので、
そんな1ヶ月先の未来など知る術もありません。
強いて言うなら、バイトが入っている可能性が高いです。
なので、拙者は「お客様」と今年のクリスマスを
過ごすと言えばいいのでしょうか?
でも、恐らく午前中でバイトは終わるので、
やはり聖なる夜を誰と過ごすのかは分かりません。
理想を言えば、宮崎あおいと過ごしたいです。
    
【Q2】昨年のクリスマスイブは誰と過ごしましたか?

ずばり、覚えていません。
ポジティブ一等賞は常に前を見据えているので、
そんな一年前のことなど、覚えているはずがありません。
かすかな記憶に頼るならば、教育上よくないことをしていた気がします。
勿論、冗談です。いや、強ち冗談ではないかもしれません。
記憶が曖昧なので、断言することは出来ません。
あっ、質問は「誰と過ごしたか?」でしたね。
それは個人情報保護法に基づいて、公表を控えさせていただきます。
尚、受験生やったにも関わらず、勉強をしていた記憶は全くございません。


【Q3】プレゼントを除くクリスマスの予算はどのくらい?

七面鳥とクリスマスケーキ:2500円

【Q4】クリスマスプレゼントに掛ける予算はどのくらい?

クリスマスの思い出:プライスレス。

【Q5】今までで一番思い出に残るクリスマスのプレゼントは?

ものより思い出。買えるものはマスターカードで。

【Q6】今までで一番最悪だったクリスマスの思い出は?

うーん、難しいなぁ。「最も悪い」か…。
サンタの正体が親だと知った時のクリスマスでしょうか。

【Q7】あなたにとって理想のクリスマスとは?

本当のサンタがフィンランドから
宮崎あおいをプレゼントしてくれるクリスマス。


【Q8】今年のクリスマスに向けての意気込みを一言!!

拙者は別にクリスチャンではないので、特に意気込みはありません。
日本人らしく、神社でデートがしたいです。

【Q9】バトンを回す5人の方を選んでください

これを見て書きたいと思った人は勝手に書いてください。
バトンはここに置いておきます。勝手に持って行ってください。
posted by 一等賞 at 02:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

ゆらぎ

例えるなら、アレはあれな訳だ。

ロミオとジュリエットは遇うべくして出会ったわけで、
また、ネアンデルタール人が残した一種の落書きも、
ゴッホのひまわりもミレーの落穂拾いも、
根源的には全く同じである。

僕らも、結局はミトコンドリアに支配されていて、
別にアダム・スミスが言ったような見えざる手に
支配さているわけではない。
ビルトインスタビライザーなど論外だ。

我に思う故に我あり、
なんてのは言わなくても分かっているし、
かといってデカルトの名声が落ちることはない。

問題はそういうことではない。
問題はオイラー線上にある。

ドップラー効果が教えてくれるのは、
神はエスニック集団に過ぎないということだ。

「銀河鉄道の夜」に登場するジョバンニが君だとしたら?
僕はカムパネルラでありえるだろうか?

もはやそんなことはどうだっていい。

何故なら、世界はカオスと矛盾のラブパレードだ。

絶望の先には絶望しかない。
かと言って希望だけを歌うのはナンセンスだ。
まさに、アウトオブクエスチョン。

飛びたきゃ飛べ。

全てはお前次第だ。

信長もダ・ビンチも、ましてやアインシュタインが
君の邪魔などするはずがない。

だから、飛べ。

僕はすでに飛んでいる。

そして、その瞬間から、もう「ゆらぎ」は始まっている。

posted by 一等賞 at 16:21| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO BORDER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

Mr.Children Live

mr.chidren@東京ドーム.JPG


何だか頭も痛くなってきた、一等賞です。
でも、愛と勇気と気合だけが友達なので、更新しますよー!
では、早速報告です。



まさか、あの曲から始まるとは思わんだなー。
しかも、あんな歌やこんな歌まで歌うなんて。
ってか、あの曲の時はマジで泣きそうになった。
あと、あの曲もいつも違うアレンジでよかったなぁ〜。

と、ネタバレ防止を意識する余り全く具体的に、
書けへんので、少し違う方向からアプローチしてみます。

まず「ライブ」というものは日常から非日常への
コミットメント装置やと、僕は思っている。

というか、大抵のエンターテイメントと呼ばれるものは、
そういう非日常の要素を少なからず持っていると思うし、
エンターテイメントの役割はそういうものだと、
僕は考えている。

しかし、ミスチルのライブはそういう一般的な
ライブとは一線を画していると今回改めて感じた。

まぁ、エンターテイメント性もトップクラスなんやけど、
彼らのライブの凄さは他にある。

一言で言えば、Mr.Chidrenのライブは
日常から非日常へと誘い、更に日常へとコミットさせる、のだ。
つまり、彼らのライブは僕らに非日常の快感を味あわせながらも、
現実の日常にも、ちゃんと目を向けさせてくれるのだ。

勿論、「日常→非日常→日常」という流れを作れるアーティストは
他にも存在する。しかし、その殆どが
「(最初の)日常=(次の)日常」なのだ。
僕の場合はそれなら、「日常→非日常」という
完全なエンターテイメントの方がいい。
その点で、L'Arc-en-Cielは本当に優れたバンドだと思う。

で、ミスチルの場合、「日常=日常」ではない。
次の日常と前の日常の間には、明らかな溝がある。

最近、僕は堕落した生活を送っていたのだが、
今回のライブで、冷や水を浴びせられたような気分になった
瞬間がいくつかあった。以下、漠然と思ったことです。


僕は今まで自分のだらしなさを、
余りに周りの環境のせいにしすぎた。

目の前の景色が濁っていると感じるのは、
自分の目が濁ってきているからだ。

複雑そうに見える世界は、実はシンプルで、
僕達が理屈こねまわしすぎるせいで、そう見えるだけだ。

いつまでたっても自分を好きになれなくたって、
きっといつか心の底から他人を好きになれる。
それだけで生まれてきた意味がある。

何か最近、上手く言えないけど「浮ついている」人が多い気がする。
ハリがないっていうか。そんな人間は信用できないし、好きになれない。
でも、僕もそんな人間かもしれない。

どうせ死ぬなら、色んな愛に触れたいなぁ。


とまぁ、他にも何か散文詩的なことをいっぱい思ったんやけど、
あんまり覚えてへんから、取り合えずこんな感じにしときます。

勿論、こんなことを感じたって、明日が劇的に変わるわけやないし、
逆にもっと酷い目に会うかもしれない。

でも、そんなことを感じるだけでも、
少しは景色が変わって見えるし、
少しは自分の行動が変わるかもしれない。

そうやって、少しずつ自分の中に想いが侵食していったら、
もう少し楽しい世界になるんちゃうかなーって、
僕は思ったりした。

勿論、感じたことは、人それぞれ違うやろうけど、
僕らに必要なのは、取り合えず明日を信じて、イメージすること、
なんじゃないかな〜って、ミスチルの歌が教えてくれた気がします。

その「気がする」を確信に変えるために明日から少し今までより、
頑張ってみようかな。



と以上、取り留めのない私見をグダグダ書いたけど、
今日は一番強く思ったことは、
「やっぱミスチルってスゲー!」ってことです(笑)。
何度も言いますがチルオタではないでー!!!

あと、今回はファンクラブのクセにそこまで
いい席じゃなかったんやけど(まぁ、それでも平均以上やけど)、
そのお陰でちょっといい発見をしました。

それは、目をつむって聴く、ということです。
これが予想以上に気持ちいいので、
皆さんライブに行った際は是非一度やってみてください!

最後に、今日ほどミュージシャンになりてぇ〜、って
思ったことはありませんでした。
マジであんな風になりたいです。
お金に余裕が出来たら、
ギターでも買おうかな、と結構本気で思ったりしています。

以上、頭が痛いことを言い訳に、全く面白くないかつ
何が言いたいか分からんブログをお送りしました。
posted by 一等賞 at 01:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik Bahnhof | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mr.Children Live 序

物凄い眠たいんやけど、物凄い強迫観念に駆られているので、
愛と勇気、そして気合で更新します。

前々から言ってたように、今日は、ってか昨日は東京ドームへ
ミスチルのライブに行って来ました。
で、今回はやたらと一緒に行く人がころころ変わって、
数日前にやっと、サークルの先輩と行くことになってたんやけど、
その先輩から開演2時間前になって、何と何と、
「ドタキャン」の一報が…。

「えー、もうドームにおるし、グッズも買って、
完全にスタンバってたのにー!」
後楽園の中心でシャウトしても、時すでにに遅し。

流石にこの時は一瞬、先輩に殺意が芽生えましたね(笑)。
餅の論、冗談です。

で、どないしょー、と途方に暮れていてもあれなんで、
まず片っ端から友達にメール。餅の論、男女問わず(笑)。
でも、案の定、そんな暇かつ
東京ドーム周辺にいる友達は皆無でした。
やはり、1年生になったら友達100人作るべきでした。

次に、僕はあまり大きな声では言えへんけど、
ダフ屋になろうと思ったんやけど、
流石東京ドーム、ハンパない警備体制が
敷かれていたので、あえなく断念。

そんな感じで、諦めかけてたんやけど、そこ流石、天才一等賞♪
名案を思いつき、なんとかこのピンチを切り抜けました。
でも、金銭的には大ダメージを負ったので、
危うく帰りの電車賃がなくなるところでした。
尚、僕がどうこのピンチを切り抜けたかについては、
僕が今まで築き上げて富と名声が一気に音を立てて崩れる、
可能性が高いので、公表は控えさせて頂きます。

とまぁ、おちゃらけはこのへんにして、
そろそろライブの報告をしましょうかね。

でも、今回は珍しく真面目な話がしたい気分なので、
その話は次の記事に書きます。

では、全然面白くないと思うけど
暇人クラブの人は読んでくださ〜い♪
posted by 一等賞 at 00:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Musik Bahnhof | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

東京小旅行―エピソード5―

今最も尊敬する人がウェンツ瑛士の、
ツイストスパイラル一等賞です。

で今日で、やっと今回の東京小旅行を一旦締めたいと思いますが、
もはや1週間前のことやから、
シンプルかつドメスティックにお送りします。

そして、前回のすごろくブログが公正取引委員会から、
厳重注意を受けた(嘘)ので、今回は川柳風にお送りします。
では、日本情緒溢れるブログをお楽しみあれ〜♪
(多少の字余り字足らずは多めにみてください。)


(気持ちよく寝てたら)
 友達が 1限始まり 7時起き

(京王線で橋本行きに乗るはずが)
 田舎っぺ 八王子行きに 乗っちゃった
 
(いつものごとく)
 朝マック ここはどこだい (南大山)南大沢

(これまたいつものごとく)
 都立大 慣れた感じで 散策中

(ちなみに経済の授業でした)
 やりました 遂に聴講 やりました

(都立大を出て)
 モール街 貧乏学生 対象外

(というわけで)
 ショッピング 場所を改め 町田へGO

(2時間位町田にいたのに)
買ったのは 結局GAPの マフラーだけ

(そして、遂に)
二日間 楽しい旅も これまでよ

(家に着き)
部屋カオス また旅したいな ダークサイド


とまぁ、うまく落とせへんだけど、
明日ってか今日のミスチルライブに備えて、
もう寝るので、これでお終いケル!

またいつかエピソード6でお会いしましょう♪
posted by 一等賞 at 02:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

東京小旅行―エピソード4―

秋葉原の日常.JPG

前回の続きをアグレッシブかつプリミティブに書きたいんやけど、
記憶が飛んでしまって、あんまり覚えてへんので、さっくり書きます。
ちなみに、今回のブログはすごろく風にお送りします。
尚、20歳未満の方は保護者同伴で読むことお勧めします(笑)。


秋葉台秋葉原に到着→

予想以上の人の多さに腰を抜かしたため、1回休み。→

電気製品の安さと本場のA−BOYに感動し、3進む。→

車道が歩行者天国と化し、もう1回振る。→

なかなかメイド喫茶が見つからず、スタートに戻る。→

本屋でメイド喫茶の在り処を探し、次の目2倍。

メイド喫茶で週に一度の凄いパーティーを目撃し、
自分の中で今まで培ってきた価値観が揺らぎ、3回休み。→

秋葉原に行った証拠が欲しくなり、ガチャポン会館というところで、
うまい棒の、がちゃぽんをして、5進む。→

秋葉原を極め出し、10進む。→

友達が激安ゲームを買い、秋葉原脱出し、我に返りもう1回振る。→

M大生のクセに府中近郊に住んでいる友人邸に宿泊し、1回休み。→

アキバで買ったゲームがクソゲーだと分かり、
やる気を失くし、就寝して、1日休み。


というわけで、二日目の模様は次回のエピソード5でお話しま〜す。
ところで、この斬新な、すごろくブログはどーでしょうか?
皆さんの感想、お待ちしております!

(※あえて、写真にはふれません。笑)
posted by 一等賞 at 14:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

東京小旅行―エピソード3―

ジャンボンハー!
【スワヒリ語の「ジャンボ」(こんにちはの意。)と
日本語の「こんばんは」を融合させた造語】

将来の夢が広告代理店勤務になった一等賞です(笑)。

で、今日こそは、
ジョージ・ルーカスJ.K.ローリングも大注目しとる、
かもしれない超人気シリーズ「東京小旅行」をお届けしまーす!

ちなみに、今回も1泊2日でした(友達邸に宿泊)。
で、今回は初日の日曜の模様をお送りするで〜。


この日の編集長の最大の目的は、三田祭に行くことでした。
念のために言っとくと、三田祭というのは、
慶応義塾大学の三田キャンパスで行われる、
かなりデカい(らしい)お祭りのことで、
別に全国の「三田さん」が集まるこじんまりしたお祭りちゃうよー。

で、三田に行って思ったんは、
やっぱ本場の慶応ボーイは凄いな〜と思いました。
ユビキタス風(違)に言うと、チャラかったです。

そんで、いきなりぶっちゃけると、
編集長は三田祭には全く興味がありませんでした。
編集長が三田祭に行った理由はミスコンを観に行くことでした。
エロ編集長の頭の中はホンマにそれだけでした。
コーポラティブ風(違)に言うと、変態です。

(ここらで一部の地域の読者がヒキはじめたかもしれません。)

もしエロ編集長にも今話題の「私の頭の中の消しゴム」
あったら彼の頭の中を綺麗さっぱり消した方が
彼の将来のためでしょう。

しかし、編集長は「MONOの消しゴム」しか持ってなかったので、
ミスコンが始める15分前の11:30から
ミスコンが終わる14:00まで、編集長はずっと
ミスコン会場の椅子に「ネリ消し」のごとく、
へばりついていました。

(そろそろ一部の地域の読者がいなくなったかもしれません。)

ででで、今からミスコンをマスターした編集長による、
独断と偏見に基づいた各候補者の講評(?)を勝手にします♪


@稲葉友希さん…3年。笑顔が素敵♪ってか悩殺されました(笑)。
        編集が好きな、細身の体型も最高でした。
        アナウンサーになって欲しいな〜♪

A坂本祥子さん…3年。関西弁が親近感を覚えました♪
        あんなルックスで関西弁を喋る友達が欲しいです。
        ハワイ留学の賞を貰った時の姿が印象的。

B松岡りょう子さん…3年。足が長いせいか、背が高く見えました。
          ヒールを履かれたら編集長の方がチビでしょう。
          最後の作文が素敵でした!

C佐藤有さん…1年。一番背が高かったです。しかも綺麗でした。
       ヒールを履かんでも、編集長の方がチビです。
       神様は理不尽やとこの日は強く思いました(泣)。

D大野美和さん…1年。編集長と同じ1年やのに、遠い人に感じるっす。
        ソフトマッチョが好きらしいっす。
        更に遠い人っす(泣)。

E塚田千絵さん…1年。ロリコン編集長のお気に入り。可愛いすぎるわ〜♪
        あんな彼女が出来たら、単位もお金も要りません(爆)。
        でも、コーポラティブマンションって何ですか?(笑)


(ここまでくると、全国の読者がヒキはじめたことでしょう。)        

んでカリスマ編集長の講評が
審査に影響を与えたかどうかは分からへんけど、
ミス慶応は、松岡りょう子さんが、
準ミス慶応には、佐藤有さんが選ばれました。
おめでとうございま〜す!

でも、やっぱ慶応のミスコンって凄いな〜、って
しみじみ編集長は思いました。
レベルの高さは勿論やけど、
スポンサーとかめっちゃあったし、
ミス、準ミス以外にもいっぱい賞があって、
ビックリマンチョコ並にビックリしたし。
しかも、その副賞もめちゃめちゃ豪華やし。

凡人編集長はミスコン中、ずっと、
「スゲ〜」ばっか言ってました。
あの時の編集長は「バブー」しか言わない赤ちゃんと一緒でした。
あるいは「フォー」しか言わないHGと一緒でした。

ってか編集長も何かコンテストに出たいYO!
でも、何もイイトコないしな〜(嘆)。
もし「ミスター一般ピーポーコンテスト」とかあったら、
結構いいとこまでいけそうなんやけどな〜。

でも、やっぱ自分がコンテストに出るより、
ミスコンに出た女の子と知り合いになれる方が、
編集長は嬉しいけどなぁ(笑)。

誰でもいいから編集長と仲良くしてください!って感じやし(爆)。

(全国の読者もかなり少なくなってきたことでしょう。)

まぁ、そんな感じでミスコンが終わると編集長は、
速攻で三田を後にしました。

で、すぐ帰るのもなんやから、
ロリコン編集長は、自分がロリコンであるという特性を考慮して、
秋葉原に社会見学に行くことにしました。今、旬のアキバです。
ラジカル(?)に言うと、ハツアキバです。


ユビキタスかつコーポラティブに言うなれば、

K−BOYからA−BOYへのパラダイム転換です。


とまぁ、ここで完全に読者がいなくなったと思うので、
今日はここで終わりにします。

次回の「エピソード4」は誰も読まへんと思うので、
赤裸々かつコーポラティブに書きたいと思います。


以上、一人称を「編集長」でお送りしたエピソード3でした。
posted by 一等賞 at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

お知らせ

さっき、過去最高に面白いブログを書いたのに、
誤って消してしまって、うつ病にかかってしまったので、
今日のブログはお休みします。

もう過去最高に面白いブログを書くMPは残ってないので、
明日は今日書いたことと同じことを書きますが、
面白さは、今日の3割減となるのでご注意ください。
posted by 一等賞 at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。